自己愛性人格障害のひとは自分が悪者になることをひどく恐れている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分が悪者になることをひどく恐れている、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

いつも堂々としていて

その病気とは、うらはらに

とても自信がありそうに見えて

人の意見に左右されないように見えます。

自己愛性人格障害のひとが

本当は

普通のひとよりも、とても臆病だと言っても

信じられない人もいると思います。

ですが、彼は本当は

自分の自尊心を上げるために

人をいつも見下していなければならず、

見下した態度をとっても怒れない気の弱い人や、

彼のことをとても好きで離れたくない人を

見下して相手の態度を見て

自分の自尊心を上げたりしています。

人を見下すということを

誰にでもしているわけではなく

彼と離れたくないから

少しのことは我慢してしまうような

彼の奥さんや恋人、

もしくは仕事で彼につかなければいけない

後輩などを選んでいますが、

本当はその行為は嫌われる危険性のある

行動だということも分かっているからです。

もし、自己愛性人格障害のひとが

ターゲットにしているようなひどいことを

人を選ばずみんなにしてしまえばには

中には、気の強い人や

彼が頭が上がらないほどしっかりした人がいて

あいつは何を言っているんだ、と

あきれられたり、軽蔑されたりすることも

知っているので

そういった人には絶対にしません。

あなたがもし、

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットとして見られているとしたら

彼は、あなたを見下しても逆らわない相手だと

ふんで、あなたをののしったり

無視をしたりしています。

自己愛性人格障害のひとは

ターゲットだと思うほど

弱いと思っているあなたが、

彼のすることに幻滅したり、

怒ったりしたらそれはとても驚くでしょう。

ですが、彼はただでさえあなたのことを

見下してもいい人間だと思っているので

彼のしていることに呆れたり怒ったりするのを

2人っきりの時にしてしまうと

彼はあなたが敵対心を見せてきたと思い、

あなたに潰される前に必死になって

あなたを潰そうとしてくるので

それはとても恐ろしいことになります。

ですが、

大勢の前で、

あなたが彼のしていることに呆れたり

怒ったりするところを見せると

周りで見ている人の中にも

必ず、自己愛性人格障害のひとが

ひどいことをしていることに

気づいている人もいますので

あなたの言葉や態度にはっとするかもしれません。

そして、あなたの言うことが

もっともだと周りの人に認められ始めると

自己愛性人格障害のひと彼すると

都合の悪いことになるので

あなたを見下すことをしなくなるかもしれません。

あなたは見下しても

何も言い返してこない相手だと

思われているからののしられているだけで

彼があなたを見下していることに

周りが気づき始めると

自己愛性人格障害のひとは

自分が悪く思われることが怖くなるので

あなたに攻撃をしてこなくなるかもしれません。

ただし、周りがすべて

自己愛性人格障害のひとの味方をすると感じるときは

彼に呆れたり、怒ったりしないほうがいいです。

自己愛性人格障害のひとが

おかしいと思っている人の前でのみ

彼に呆れたり怒ったりして

彼がおかしいことをしていると

周りの人に分かるようにアピールし、

決してあなたの感情をむき出しにして

彼に敵対心を見せてはいけません。

あくまでも人前で

彼がおかしいことをしていると

アピールするのみに使うのです。

その場合、「怒る」というやり方は

自己愛性人格障害の

ターゲットになるような人には

難しいかもしれません。

「怒る」と言っても彼に怒りをぶつけるのではなく

あなたが彼から嫌なことを言われて(されて)

すねる、傷つく、というところを

人前で見せるのです。

全員ではないかもしれませんが、

必ず彼がおかしい、と気づく人は出てきます。

そして、自己愛性人格障害のひとも

自分がひどいことをしている、

と人から見られることをひどく恐れているので

周りにそう思う人が出てくる、ということには

即座に気づくと思いますし、

他人からひどいことをしていると

気付かれることが怖いので

「冗談だよ。」とごまかしたりして

あなたには今後、

嫌がらせはしにくくなるのかもしれません。

詳しいやり方を個別に聞きたい人は

Tiara恋愛相談室までご相談ください。

自己愛性人格障害のひとを

止めようと思っても止まりませんが、

自己愛性人格障害のひとが

こんなにやり方をしていたら

自分がまずいことになる、

と思わせることができたら

あなたが「やめて」と言わなくても

彼は勝手に攻撃をやめてくれるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする