自己愛性人格障害の人との上手な付き合い方

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の人は

あなたがどうとかまったく考えていない

と言うことについて

お話したいと思います。

今まで人間関係がうまくいっていない、

と感じていた人は

思い返してもらいたいのですが

あなたが何もしていないのに

うまくいっていないと悩んでいた場合は

必ず近くに自己愛性人格障害の人がいます。

自己愛性人格障害の存在に気づいてみると

意味もなく

はじめからやっているのがわかります。

同じ自己愛性人格障害の人でも

自分の好みによって

はじめは親切でひとあたりもいい、

と感じてる人もいれば

はじめから冷たい印象を向ける人もいます。

好意的でも攻撃的でもどちらでも

最終的には怖いのですが

この自己愛性人格障害の人となんら問題なく

付き合っていける人は

自己愛性人格障害の人から

好かれても嫌われてもいない人です。

ようは自己愛性人格障害の人にとって

どうでもいい人が一番自己愛性人格障害の人から

攻撃を受けにくいのです。

自己愛性人格障害の

取り巻きになっているような人たちは

はじめは関係性が

とてもいいように見えるのですが、

自己愛性人格障害の人にとって

自分をよく魅せるための道具であり

自己愛性人格障害の人を気持ちよくさせる

道具でもあります。

自己愛性人格障害の人に惹かれているため

虐待しようと思ったら

いつでも堪えてくれます。

自己愛性人格障害の人は

あこがれの存在ですから

その人に嫌われたり無視をされたりすると

ショックを感じるのですが、

自己愛性人格障害の人に興味を持っていない人は

無視をされても気づかないかも知れません。

だから自己愛性人格障害の人も

そんな人に精神的な虐待をしようと思っても

面白くないのです。

だから自己愛性人格障害の人も

興味を持ちません。

Tiaraはもともとが被害者体質なので

好かれても嫌われても

興味はもたれるようです。

ためしにしてくる冷たい態度や無視をされたら

昔はなんでだろうと考え込んでいました。

不思議なもので人間は考え込むと

自分で納得できる理由を探そうとします。

Tiaraも昨日あんなこといっちゃったから

怒ったのかな、、とか

夕べのあの態度が誤解されたかも、

などと自分にある理由を考えたりしていました。

考え込むことが

もうすでに

ターゲット候補なのです。

でも今は、結構すぐに

自己愛性人格障害の人に気づくことができるので

様子を見ていると

はじめから無視をしていたり、

冷たい態度をとったりしています。

なので、まだあまり関わっていないし

それほど怒ることはないと気づきます。

だからそういう人なんだなと思い

特に何も気にすることは

ありません。

しいて言うなら

自己愛性人格障害と気づいた時点で

必要最低限の付き合いとします。

プライベートでは付き合いません。

どんなに素敵な人でも

恋愛感情をいだくことはないでしょう。

ためになる話は普通に聞きます。

機嫌の悪いときは近づきません。

それくらいかな。

特に意味はないのでいろいろ考えることは

一切ありません。

また自己愛性人格障害の人にとっても

あなたがどうとかは、どうでもいいのです。

自己愛性人格障害の人は

あなたがどう感じるか、とかもどうでもよく

あるのはあなたに勝つか負けるか、

それだけなのです。

だからあなたに勝つと思っているので

無視をしたり怒鳴りつけたりしますが

それは自分が勝ちたいだけです。

あなたが悪いとか

彼を怒らせてしまったとかは

考えなくてよいのです。

なぜなら彼は、

自分のおなかの中の怒りを

ぶつける誰かを探したり

自分を賞賛してくれる人を

そばにおいて、

気持ちよくなりたいだけなのです。

残酷な言い方ですが

あなたを好きだと熱烈に口説いてくる場合も

自分の支配下に置ける人なんじゃないかと

無意識のうちに思っていて

高揚しているだけです。

もしくは、あなたをそばにおいておくと

自分がよく見えるステータスのようなものを

求めているか、

何でも言うことを聞いてくれて

何でも許してくれる存在になって

虐待をさせてくれて離れていかない存在だと

無意識のうちに認識しているか。

愛をはぐくんで未来を一緒に生きていける

ビジョンは描くことができません。

どんなに責任感が強そうに見えても

それは期間限定で

長くは持たないのです。

だから自己愛性人格障害の人に気づいたら

その人とは

瞬間瞬間で関わるようにして

関係を深めようとはしないでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする