自己愛性人格障害の人に、あなたの情報を漏らしてはいけない

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人には、

あなたの私生活や性格、秘密などを知られてはいけない、というお話をします。

人は、知り合ってから徐々に時間がたつにつれて

お互いのことを知っていきます。

そして、そして仲良くなると、打ち明け話をしたり、

悩みごとの相談をしたり、一緒に過ごす時間が増えます。

そしてだんだんと親密になっていくのが、普通ですよね。
[ad#co-1]

自己愛性人格障害の人とは、ほかの人よりも

親密になり、素敵なところをいっぱい見せつけられて

魅力を感じるようになるでしょう。。

そして、それが異性の場合、

恋人になっていく人もたくさんいます。

でも、愛情を感じていながらも、

だんだんに背筋が凍るような態度を取られたり、

突然突き放すようなことしたりするようになります。

なんとなく彼に違和感を感じるようになるでしょう。

でも、普段はとてもやさしいのです。

あなたを大切に思っていてくれるようなことも言うでしょう。

だから、

変な違和感は気のせいかな。。と思うのです。

でも、たまに

ぞっとするようなことを言われたり、

「冗談だよ。」と言われたり、

彼を信じたり、信じられなくなったり。。。

その感覚を徐々に短くしていき、

年単位で時間をかけて、あなたの心を支配していくのです。

そして、あなたが逃げられなくなった時には、

付き合い始めたころに言ってくれた優しい言葉も

ほとんどかけてくれなくなっているでしょう。

それどころか、あなたを常に脅し、

あなたの言葉を無視し、あなたをどん底まで突き落とすでしょう。

その材料となるのが、すべて

あなたの彼に与えたあなたの情報なのです。

悩みはバカにする材料に使い、

助けてくれると思っていたことは知らん顔をする。

あなたの情報のすべてが

あなたをおとしめる材料になるのです。

だからあなたの情報を徐々にいうことをやめていきましょう。

急にやってはだめですよ?

突然パタッとあなたが彼に内緒事を作り始めたと

彼に気づかれると、

ものすごい嫌がらせにあいます。

しかも逃げ出せない状況を作り出してから、

あなたをとことん追い詰めていきます。

ただ、1つ秘密があって、

サイコパスと自己愛性人格障害の違いとして、

サイコパスは、それを分かってやっていますが、

自己愛性人格障害の人は、

自分では、そんなことをしているつもりは、ありません。

自分はあなたに尽くしているのに

あなたが自己愛性人格障害の人を怒らせるようなことをしたから

仕方がないんだ。。。と本気で思い込みます。

そこが分かってやっている人との違いなのです。

自分の心の中にある、パンパンに膨らんだ怒りを、

そばにいる一番安心できる人のせいだと本気で思い込みます。

その怒りは限界を超えていて、

あなたをつぶすつもりで襲ってきます。

※本気でつぶしているつもりは自分ではありません。

彼にも具体的には分かっていませんが、

あなたのせいで自分が迷惑している。と本気で思い込むのです。

なので

いくらあなたが「違う。」と説明しても彼にはわかりません。

あなたが反撃してきたと思って、

本心ではあなたが怖いので(極度の怖がり、そして潰される前に潰さなきゃ、という

恐怖の思いで全力であなたをつぶしにかかってきます。)

本当に怖いですよね。。。

なのでそうなる前に、あなたのほうから

徐々に、彼に自分の情報を与えるのは

減らしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする