自己愛性人格障害の人にやってはいけないタブー

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとに

やってはいけないタブーな行為について

お話しさせていただきたいと思います。

もし彼や旦那様が

自己愛性人格障害だと知ってしまったら、

全力で逃げるのが一番いいと思います。

ただ、夫婦であったりすると、

すぐに離婚する決意ができない場合もありますし、

別れ話をしても、すんなり別れてくれなくて、ストーカー化したり

逆に危ない目に会う可能性もあるので、

今回は、一緒にいて彼を逆なでしないよう

タブーな行動を説明していきたいと思います。

まず、自己愛性人格障害の人に対して、

ご機嫌を取ったりしては、いけません。

なぜなら、自己愛性人格障害の人は

自分が脅したことにより、

動揺して、自分の思い通りに動いてくれる人間を求めています。

あなたがおどおどして

彼のご機嫌を取っているようであれば

彼の望み通りなのです。

よって彼はあなたを離そうとしません。

もっと嫌がらせを徐々に

気づかない程度に強めていって

さらにあなたを自分の思い通りに動かそうとします。

なので、彼を怒らせたくないがための

ご機嫌取りはやめたほうがいいでしょう。

次に、自己愛性人格障害の人怖がったりしてはいけません

怖がると、

怖がらせることによって

あなたを思い通りに動かそうとするでしょう。

なので、

怖がっているそぶりを自己愛性人格障害の人に

見せてはいけません。

次に自己愛性人格障害の人に

怒りを持ったりしてはいけません

自己愛性人格障害の人が

あなたに何をしていたのか気づくと

怒りを持つ人がいるのは

当然と言えるでしょう。

彼が、今まであなたに何をしてきたのかが分かると、

悲しくなりますよね。。

でも、怒りの表情を彼に見せてはいけません

彼は、

あなたが彼に対して怒りを持っていると知ると、

自分より低い人間のあなたに

自分が低く見られたと思います。

(実際には違います。彼もあなたも

どちらも低い人間ではないのです。)

そうすると

あなたはそんなつもりはないのですけれど

自己愛性人格障害の彼は、

あなたに潰される前に

あなたをつぶしておかなきゃ自分がつぶされる

思うでしょう。

それによって

彼からの全力の攻撃を受けることになるのです。

だから怒りの感情は

彼がいないときに十分感じ取って

彼は病気だからどうしてもやってしまう、

ということを認識しましょう。

Tiaraはここでかわいそうだと思って同情してしまいました。

でも同情をしていても

この感情は自分だけにとどめておき、

彼の前では、

何とも思っていない態度でいましょう。

ほんとに彼のことを何とも思っていないように

(好きとも嫌いともどっちとも思っていない。

むしろどうでもいい)という態度をとりましょう。

決して

怒りを持った態度を彼に見せてはいけません

自己愛性人格障害の人に対し、

悲しんだりしてはいけません。

彼はそんなあなたを見て

余計に悲しい思いをさせようと思ってしまうでしょう。

そうすれば

あなたのほうから全力で歩み寄ってくことを

彼は知っています。

だから彼はあなたに嫌がらせをするのです。

彼は自分の思い通りに人を動かしたいからやるのです。

彼はむしろあなたのことを苦しめたいとは思っていません。

そうすることによって
あなたが彼に歩み寄って来ると思っているのです。

そうしないと、

自分に価値が持てないのです。

よって

自己愛性人格障害の人には

ご機嫌を取ったり、怖がったり、怒りを思ったり、悲しんだり。。。

そういった行動すべてにおいて。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする