自己愛性人格障害の怒りの訳は?

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の人の

怒りの訳について説明したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は,

風船がパンパンに膨らんでいて

今にも爆発しそうな怒りを

心の中に持っていると言われています。

 

誰でも

いつ怒りだすかわからない人と

一緒にいるのは怖いですよね。。。

 

 

なぜ、そんなに

爆発しそうなくらいの怒りを

常に、もともと持っているのでしょう。

 

それは育った環境にあるといわれています。

つまり、

自己愛性人格障害は

生まれたときから

自己愛性人格障害ではない、ということになります。

 

育っていく過程でだんだんにそうなっていくのです。

 

一番多い原因としては

 

 

ごく身近にいる人との関係だといわれています。

 

誰でも生まれてきて

一番初めに信頼する人間は

親だと思います。

 

その親に不当に、評価されずに育つ、

または、その様子を近くから見ることになるのが

一番可能性が高いといわれています。

 

ご両親、もしくはそのどちらかが

自己愛性人格障害の可能性が高いです。

 

健全な両親に愛されて育った人には少ないと言えるでしょう。

 

例えば、すごく厳しい家に育って

90点のテストを持って帰ってきても

「どうしてそんな点数しか取れないんだ!」と言われ

認めてもらえず、

両親に認めてもらおうと

死に物狂いで頑張って

95点取ったとします。

 

それでも

「お前は頑張ってもそれだけしか取れないのか。」

と認めてもらえないどころか

否定されてしまいます。

 

それでも両親に認めてもらいたいと

もっと死に物狂いでがんばった挙句

「お前は体力テストが全然できていない。」

と関係ないことで出来の悪いところを指摘され

これまでの努力には、見向きもされません。

 

それで死に物狂いで必死でがんばった挙句

それでも、どう転んでも

悪いことしか言われないとき、

悔しい思いや必死な思いをして努力し続けた結果、

傷つきすぎて

ある日、パタッとやる気がなくなってしまいます。

 

一番信頼している両親に

けちょんけちょんに言われ

がんばり続けた結果、ある日力尽きて

地面にパタッと倒れてしまうような。。。

 

あるいは、逆に

何をしても

極端な話、いじめをしていても

怒られない、もしくは褒められるような場合も

自己愛性人格障害になりやすいと言われています。。。。

 

もしくは両親のどちらかが

自己愛性人格障害で

例えば父親が母親を

戒めているところをずっと見せ続けられる。。。。

 

そんな環境でも自己愛性人格障害の父親を目の当たりにされ

自分も、だんだんにモラハラ体質となっていってしまうようです。。。

 

 

その心の中には

こんな風に扱われるくらいなら、虐められるくらいならいじめられる側に廻る

そんな心持でだんだんに自己愛性人格障害へとなっていくのです。。。

Tiaraは元カレが両親のことが嫌いということを何度も聞いたことがあります。

 

お母さんは、おとなしそうで弱い印象でした。。。

これは予想でしかないのですが

お父さんが自己愛性人格障害で

お母さんは被害者だったと思います。

 

幼いころの父親の背中をあんまり見たことがないと言っていました。

 

あなたの彼は大丈夫ですか?

 

彼もほんとにかわいそうな人ですが、

この悲劇はもうここで終わりにしてください。

 

あなたから彼を離すのです。

 

それには

・敵対心を見せない。

・悲しまない。

・怒らない。

・話し合おうとしない。

 

です。

 

たぶんあなたが今まで考えていた、

彼とうまくいくための方法を

すべてしないほうがいいと思います。

 

Tiaraにこんなことを言われて

あなたはショックを受けたかもしれません。

 

Tiaraもその事実は知ったときは、

ショックで、長年付き合ってきた彼が、

自己愛性人格障害という病気だった、

何とかTiaraが勉強して

彼を治して彼との未来を歩いていきたい。。。

 

でも調べれば調べるほど、

一緒にいたら大変なことになる、という思いに

恐怖で彼のそばから逃げ出したい気持ちになりました。

 

あなたにはできるだけ早く彼から離れてほしいです。

そうでないと彼自身もあなたのことを

本当につぶしたくなり、今ある愛情も憎しみに変わってしまうのです。

 

あなたが彼に尽くせば尽くすほど。。。。

 

話が通じない相手が世の中にいることを

どうか分かってください。

 

あなたにはそんな思いは、してほしくありません。

できるだけ早く、あなたが幸せになる道を選んでください。。

2 Replies to “自己愛性人格障害の怒りの訳は?”

  1. 私も今付き合っている人が同じだと
    このブログを見て思っています。友達に相談しても、あんないい人がそんな事を言うのは私に問題があるのよ。と言われ、友達にも責められたり、またケンカ?とか言われます。ケンカじゃないんですよねー。これって…周りにも理解して貰えず本当に辛いです。でも凹んでいてはいけないと
    思いました。

    1. こまこま様

      いつもTiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      Tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      友達に話しても分かってもらえないのは本当に辛いですよね。

      でも、モラハラなんて普通の人には理解できない感覚なのです。

      こまこまさんの彼が、理由なく理不尽にこまこまさんを攻撃しているなどとは
      考えられないのです。

      でも、自己愛性人格障害は、こじつけて自分の彼女でも理由なく悪者にします。

      そうすることで精神的な安心を図っているのです。
      そういった病気なのですが、世間の人には分からないことが多いので、
      こまこまさん自身で、彼のやっていることが、本当に納得のできる事なのか
      考えてみる必要があります。

      もし彼が、自己愛性人格障害だと気付いたなら、できるだけ早く離れたほうが
      こまこまさんのためになるでしょう。

      こまこまさんが幸せになれる人と未来を描きましょう。
      自己愛性人格障害の人との間には
      幸せな未来なんてありません。

      悲しいですけど、彼を見て冷静に判断してこまこまさんの幸せになれる人を選びましょうね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください