自己愛性人格障害の怒りの元

こんばんは♡

自己愛性人格障害の彼と付き合っている間、

Tiaraは本当に楽しい時間と

本当につらい体験を繰り返して

体験していました。

元カレのことを憎めないのは、

この、楽しい時間があったからです。

勘違いも含め、自己愛性人格障害の被害者が

別れた後も何年も

元カレのことを忘れられない人が多いのは、

この楽しい体験とのギャップから

彼が病気だということが

信じられないからじゃないでしょうか?

また、Tiaraは病気だからこそ

彼のせいではない。

だから、彼がかわいそう、という

気持ちも入り混じっています。

でも、自己愛性人格障害の人から見ると

被害者のそこが好都合なのでしょう。

でも、彼が悪い、

と彼本人に言ってしまったら

彼はどうなるのでしょう。

もちろん認めずに、想像を絶する反撃に出ます。

でも、彼がその怒りをぶつける前に

そのまま被害者が逃げてしまった場合

彼はその怒りをぶつける相手がいません。

その場合は、

そばにいる、怒りをぶつけても

反撃できない弱い相手を選んで

その人に八つ当たり

という形で

感情をぶちまけるでしょう。

感情をぶちまけるといっても

大声を出したり、

怒鳴ったり怒ったりするとは限りません。

巧妙に相手に分からないように

相手の弱点を見つけ(だれにでもある)

相手が悪いから

俺は仕方なく怒っている、

という形をとるでしょう。

その時に、彼の中で

逃げてしまった被害者に対する気持ちは

どうなっているのでしょう?

普通なら、

感情をぶつけるために

どうやっても

被害者に連絡を取ろうとします。

「あなたが好きだ!」といい、

何とか取り戻し

また優しい言葉をかけ

あなたを安心させた後、

以前よりも強く

ひどいやり方であなたをおとしめるでしょう。

絶対に戻ってはいけません。

彼は言葉だけであなたの心臓を

止めるほどのことを

言い出します。

自己愛性人格障害は

世間ではモラハラと言われていて

手を出すことはあまりない、

と言われていますが、

まれに、被害者が誰にも

言わないような性格の場合、

出すこともあるようです。

とにかく、

自己愛人格性障害だと気付いた時点で、

全力で逃げましょう。

自己愛性人格障害の彼が

あなたを攻撃してくるのは、

あなたが自分から絶対に離れない、

と思っている間だけで

あなたが彼から離れてしまって

もう二度と戻らないと確信すると、

彼は急におとなしくなります。

自分が相手を切り捨てるのはいいのですが、

自分が相手から、切り捨てられるのが

怖いのです。

その恐怖から全力で追いかけてくるのです。

ものすごい執着心なのですが、

それは自分が感情をぶつけることのできる

安全な弱い相手が、

どこかに行ってしまうという

恐怖からです。

その人が好きでも謝りたいわけでもないのです。

だから全力で逃げましょう。

そして、あなたが全く彼のことを

見なくなったとき、

彼は急に追いかけてこなくなるのです。

逃げてしまうような相手には興味がないのです。

怒りもなくなってしまうでしょう。

そしてそこには

臆病で

すごく小さな

おとなしくなった彼の姿が残るでしょう。

自己愛人格障害の怖さとは

負けるという恐怖を全力で避けるために

相手を全力でつぶさないと

やられる、という

尋常ではない恐怖心からきているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする