自己愛性人格障害の人の突然の別れ

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害のひとの

突然の別れについて

お話ししたいと思います。

 

今まであなたが彼と

とても優しく平和な毎日を

送っていたにも関わらず

突然冷たくなり、会えなくなったり

会っても突然キスやハグを禁止される

ことがあったとするならば

その彼は普通ではありません。

 

二人の間になにかあったならば

そういうことがあっても

さほどおかしくないだろうし

あなたも疑問には

思わないと思います。

 

 

普通のひとで、

もしも同じようなことがあったのなら

例えば、彼が心変わりをしたり

あなたとの間に、

激しい喧嘩があったあとなら

辛いでしょうが、

納得できると思います。

その場合は、感情の流れと共に

喧嘩がおさまったり、

彼が心変わりしたことを

あなたに告げてきて

元に戻ったり、別れたりすると

思います。

 

自己愛性人格障害でなくても

くっついたり

別れたりするカップルというのは

意外とよくある話なのですが、

自己愛性人格障害の場合、

その感情の流れが

いまいち不自然なのです。

 

このとき、

自己愛性人格障害の彼の心のなかでは

何が起こっているのか

不安になると思います。

 

このとき、彼は、あなたに、

それほど腹をたてているわけでは

ありません。

 

実はこのとき、彼は

あなたを支配できるか

試しているのです。

 

たとえば、あなたが彼の行動をみて

不安になったり、気を使ったり

おろおろしたりすれば

彼は

あなたを支配できると思い、

攻撃をすこしづつで強めながら

様子を見ます。

 

ここで、あなたがおかしいと思い

「どうしたの?」といい

彼に堂々と疑問を投げ掛けることが

できたなら、

彼は、もとに戻り、

また穏やかに何事もなかったように

すると思います。

 

あなたも彼が機嫌悪く見えたのは

気のせいかな?と

思うかもしれません。

 

ですが、もしあなたが

彼のご機嫌を取ろうとしたり

彼に合わせようとしたりすると

あなたが、わかっていない、とか

ついていけない、とか

そんな人だとは思わなかった、というような

あいまいな理由で別れを切り出します。

 

突然別れを言われたあなたは

ものすごくショックをうけ、

彼に嫌われてしまったのかな、と思い

不安になり自分の悪いところを

何とか探そうとします。

 

そしてしばらくすると

彼から普通に連絡があるのです。

 

そして彼の久しぶりの笑顔を見て

あなたはほっとするでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたとの距離や関係性を

そのつど、あなたの様子をみながら

決めています。

 

だから今の関係に

上下関係ができていて

あなたが彼に逆らうことが

できなくなっているのなら

それは、それまでに

あなたが、彼の理不尽な感情を

くりかえし受け止め続けてきた結果なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

日常的に、無意識に

こういった感じで

あなたが彼の行動に

どんな反応をするかによって

自分が上にたてるかどうかを

無意識のうちに見ています。

 

そのくり返しで

今までの関係が出てきているのです。

 

だからもし、あなたが

彼のちょっとした変化にも

敏感に感じ取って

おかしい、と

気づけるひとであったなら

彼はモラハラ行為ができるまでに

なっていません。

 

支配下における、別の人物を探すか

恋人との関係でなく

会社や、学校で

別のターゲットを見つけて

そちらで怒りを逃しているかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人は

1人ターゲットがいればいい、ということはなく

怒りの感情が出てきたときに

そばにいる人の中で

怒りをぶつけても大丈夫そうな人がいたら

そのつど、そこで怒りを発散させます。

 

もし、怒りをぶつけても大丈夫そうな人が

いなかったら

その怒りを持ち帰って

別の怒りをぶつけてもよさそうな人に

すべてぶつけ、

本当にその人が悪いと思い込みます。

 

もし、自分が悪いことに気づいてしまうと

自尊心がぺしゃんこにつぶれていて

自分には価値がないと思っている

恐怖心を認めることになっているので

自分が悪いと認めることは

自己愛性人格障害の人にとって

想像を絶するほど

辛いことなので

その恐怖から逃げようとします。

 

そのため、相手が悪いと

無意識に思い込むことで

罪悪感から逃れるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたの優しさを利用して

嫌がらせ行為をくり返して

だんだんにあなたを逆らえなくしてしまうのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください