自己愛性人格障害の人に、嫉妬をされるようなことを絶対にしてはいけない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に嫉妬されるようなことは

絶対にしてはいけないということについて

お話ししたいと思います。

 

前回の記事を書いていて

思い出したので、ここで、自己愛性人格障害の人の

嫉妬についての注意しなければいけないことを

思いつく限り、すべてお伝えしようと思います。

 

自己愛性人格障害の人の特徴として

尊大な自分を魅せつけていなければ

常に不安だというのがありますが、

この特徴によって本当に素敵な人が多いです。

 

おしゃれだったり、頭が良かったり、手先が器用だったりするのですが、

周りの人が、称賛してくれていて

自分が一番だと思えているときは

比較的、症状が安定しています。

 

ところが、もし、自己愛性人格障害の人のそばに

その人よりも魅力的だったり、人気があったり

業績が良かったりする人がいたらどうなるでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は、その人にそんなつもりがなくても

極度の不安状態におちいり、

自分がつぶされているような気になります。

 

それで、人気があったり頭が良かったり、業績のいい人を

徹底的につぶすのです。

 

そのやり方は、

その人がその場所にいられなくなるようなことを

時間をかけて勢いを強めながら、全力で

潰しに来ます。

 

例えば、可愛い新入社員が入社してきたときや、

自分よりも評判のいい社員が転勤してきたとき、

いい業績を出して

自己愛性人格障害の人の目の前で

表彰されたときのような場合です。

 

こうなったときは、その人にそんなつもりがなくても

その人の悪口をいい、上げ足を取り、

仲間はずれにして、その人本人にも

その人がいかにダメな存在か言い続けて自信を無くさせてしまいます。

昔からあるいじめもTiaraは、ほぼ、

この、自己愛性人格障害の嫉妬から来るものだと思っています。

 

それなのに世間から、

虐められるほうにも原因がある、というもっともらしい意見を

言われることがありますが、

こうなってしまっては、被害に合ってしまった人は

何も助けるすべがなくなってしまいます。

 

学校などでもよく自殺などしていますが、

この、自己愛性人格障害の嫉妬の原理が

いまだによく知られていないので

いい加減、専門家の人が気づくといいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の問題は

甚大な被害を人の心にもたらします。

 

自己愛性人格障害の人の前では、

人を褒めてもいけないのです。

 

でも、そんなことを知らない人が多いので、

普通に褒めてしまったり、

会社などでは、競い合わせて成績を上げるために

業績のいい人を表彰したりする風習があります。

 

会社では上層部の方や学校の先生などは

自己愛性人格障害のことをもっと勉強すると

対策法がもう少し具体的に出てくるのでは、ないかと思います。

 

個人では、自分で防ぐしか、方法がないので、

極力、自己愛性人格障害の人の前では、

悪い情報ももちろんですが、

いい情報もあまり知られないようにする努力が必要です。

 

あなたがあなたらしく輝くために

堂々とせず、

いいこともこそこそとしてね!

 

ぜったいに自分のいいことも

自己愛性人格障害の人には絶対に見せないでくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください