自己愛性人格障害の人の物事を決める基準

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の物事を決める基準について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の彼から、

人格を全否定されて、ショックを受ける人が多いですが、

自己愛性人格障害の人は、

そもそも物事を決める基準が、普通の人と違います。

好きか嫌いか、ではなく自分がいかにすばらしい人間に見えるか

見えないかが、基準となります。

だから、愛がさめただとか、浮気だとか、結婚だとかの基準が、

普通の人と違います。

だからそこにやきもちを妬いても仕方のないことで、

彼は自分がいかに立派に見えているか

あなたがどれだけ虐待されても何も言わないで

つぶされてくれるか、それだけにかかっているのです。

ただ、そういった相手に離れていかずに

ずっと彼のことだけを尊重し続けてくれて、賞賛してもらって

自分の価値をあげてくれないと

自分では自分の価値が判断できないので、

そういった相手が逃げることを極度に怖がります。

それが、別れるときの

あなたへのしがみつき行為になっています。

あなたは、彼がまだ自分に愛情があると思ってしまうので

戻ると、どんどんつぶされていきます。

それをあなたは、まだ彼の愛情が自分にあると思ってしまうので、

戻ってしまいますが、戻るとどんどんつぶされていきます。

そして、彼に否定され続けられながら

彼のそばにい続けるという非常に辛い状態になります。

彼に、新しく興味が移った人ができれば

そのひとのところにいってしまうと、

彼とよりを戻したいとか、彼がもう一度

あなたのところに戻ってくれないかと、

苦しんでいる人がいますが、

彼があなたのところに戻ってくると

また、あなたはつぶされていき苦しくなります。

彼の人を選ぶ基準が、虐待できる自分を賞賛してくれる相手

ということに気づいていないのです。

あなたは、彼と一緒にいたいと思ってしまっていますが、

これもマインドコントロールで

彼と一緒にいても苦しむだけなのです。

自己愛性人格障害という病気を知らないと

彼を普通の人間だと思ってしまい、

一緒にいることで困難を乗り越えて幸せになれる、

と思ってしまっているかもしれませんが、

彼に選ばれるということは

とても危険なのです。

これは、本人のせいではなく、

病気のせいで、彼自身も自覚のないことなので

仕方がないのですが、

自尊心があまりにも低いために

自分よりも幸せな人が許せないのです。

あなたが幸せな思いをするたびに

強烈に嫉妬されてつぶされていくだけなので

むしろ幸せでいると

彼のそばにいることができず、

幸せでないほうが喜ばれます。

それでも彼自身、品がよく、

仕事ができたり、頭がよかったりするので

とても常識的な人間に見えてしまいますが、

自己愛性人格障害という

とてもおそろしい病気なのです。

あなたもつぶされたくなかったら

彼のそばを全力で離れることです。

彼自身、とても魅力的にあなたに自分のよさで

惹きつけ見捨てられ不安も強いので

それを深い愛情だと勘違いしてしまいがちですが、

あなたの幸せは、彼と離れたところにあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする