自己愛性人格障害の人はそばにいる人を基準に自分を上げてみている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

なぜ、恋人や奥さんなど

本来普通の人が、一番大事にしている人を

つぶしていくのか、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

あなたが彼に

小さな嫌がらせを日常的にされるのは、

あなたの精神をつぶしていくことに高揚しているわけですが、

なぜ、一番近くにいる人を大事にせず、つぶして

あまり関係のない人に嫌がらせをしないのでしょう。

 

 

むしろ、普通の人は

そっちのタイプのほうが

多いのかもしれません。

それは、自己愛性人格障害の人は、

自分は生きている価値がないと思っているほど

自尊心が低いので、

そばにいる人を見てその人のほうが、

自分よりレベルが低いことに安心します

 

そうやって自分の精神を保っていないと、

恥ずかしくて生きていけないほどなのです。

 

だから、常にそばにいる存在であるあなたを

つぶすことで、

自分のほうが価値がある、、自分のほうがレベルが高いと思って安心していられるのです。

 

あなたのほうが

レベルが高いなどと思ってしまったら

最悪です。

爆発しそうな彼の怒りと不安が彼を押しつぶしてしまいます

 

だからあなたを全力でつぶしにかかるのです。

 

自己愛性人格障害である彼は、

あなたのレベルが上がることに対して

ものすごい恐怖を感じるのです。

 

だから自分が上でいるために

あなたを下げてみて

自分に満足して安心しています。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

そしてそういう自分にとって都合の良い相手である

あなたを離しません。

 

これをよく愛だと勘違いしてしまうのです。

 

だからあなたも彼からこんなにも愛されている、

だから、彼のそばから離れたくないと思ってしまうのでしょう。

 

でも実は真逆で、

自己愛性人格障害の人と一緒にいると

自己愛性人格障害の彼が、

平常心でいられるように

ボロボロにされてもついてくるあなたを必要とします

 

言わば、虐待されるために

そばにいるようなものなのです。

あなたはそれを知っても

魅力的な彼と一緒にいたいですか?

 

怖くないですか?

 

げんに、怖い思いは何度もしていると思うのですが、

彼の何が怖いのかよくわかりません。

 

たまに別れ話を出され、捨てられる恐怖から

彼の言いなりになってしまいがちですが、

普段は優しいため、

彼の何が怖いのか、あなたにもよくわからないのです。

 

彼もまた、自分が何をしているのかいまいちわかっていません。

 

とにかく怖くて、

そばにいるあなたを常につぶしていないと

恐怖と怒りがこみあげてくるのです。

それが、育った環境により

無意識のうちに、

自分に自信が持てなくなってしまっているからなのですが、

それを自覚してしまうと

本当に自分に価値がないように思えてしまってあまりにも怖いので

その事実からも

目をそらしています

 

加害者被害者、両方が、なぜそんなことになっているのか気づかないのです。

 

 

気づかないうちに加害者は、

どんどんモラハラ行為を強めてしまい、そこに依存して生きていて

そしてまた、

気づいていないうちに被害者は、

どんどん彼のことが怖くなっていき

だんだんともはや彼のことが好きで一緒にいるのか、

それとも彼が怖いから言うことを聞いてしまって

彼のことを好きだから、と思い込んでいっていることすら

気づきません。

この状態が、双方にとって

どれだけ危ない状況なのか分かるでしょう。

 

気づいた時点で、被害者は、

全力で逃げ、加害者は、気づいた時点で

自分から人のそばにいないことです。

 

そうして離れていくことで

お互いが、

精神的にリラックスできるような

そんな不思議な関係なのです。

 

だから何度も言うように、

自己愛性人格障害の人とは

距離を持ったほうがお互いにリラックスして生きやすくなるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください