自己愛性人格障害の強い自己否定感

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のその行動の裏側に隠された

強い自己否定感についてお話しします。

自己愛性人格障害の前では、他人を褒めたり、

または何らかの好成績を出して人前で褒められる、という面を

出しては非常に危険です。

Tiaraは今まで、何も考えていませんでしたが、

自己愛性人格障害の人の前では、

ちょっとした自慢話や、他者を自己愛性人格障害の人の前で

褒めたりすることは、やめたほうがいいと思っています。

というのも自己愛性人格障害の人は、

もともとが強烈な自己否定感の中で育ち、

自分が存在するに値しないほどの存在価値のない人間だと思うことから

きている精神的な障害だからです。

そしてその強い自己否定感に本人も気づいておらず、

強い自己愛という形で虚勢を張っているような状態なのです。

自己愛性人格障害の人の、偉そうな態度というのは

自信にあふれているよう見えてしまいますが、

実はそうではありません。

究極に自己否定感の強い極端な自信のなさからきている

ありのままの自分を愛せない病気と言えます。

今までは、Tiaraもうれしいことがあれば

「ねえ、聞いて!」と嬉しそうに話していましたし、

そばにかわいい子がいれば「可愛いね!」とか、

何かの才能に長けている人を見かけると、素直に口に出して

「すごい!」とか言っちゃってました。

今となっては、それがいかに危険か分かるのですが。。。

だから、自己愛性人格障害の人の反感をものすごくかっていたんだと思います。

それはとても恐ろしいことで、

自己愛性人格障害の人は、

極度に臆病なので、

TiaraにばれないようにTiaraの評判が落ちるような

噂を流したり、Tiaraがうっかり褒めてしまった人たちに

その場にいられないくらい、攻撃をしていたんです。

自己愛性人格障害の人は、自分の中でも極端な自己否定感を持つため

他人に批判されたり、指摘を受けると過剰なまでに反応し

ものすごい勢いで相手を攻撃してきます。

びっくりするような反応なので

相手はとても怖い思いをして

自己愛性人格障害の人に対してものすごく嫌悪感を覚え

対人関係は悪化していきます。

自己愛性人格障害のターゲットになってしまった人は

もちろん被害者なのですが、

同時に自己愛性人格障害の人もものすごいショックをうけます。

なので、そばにいること自体が危険だし

相手も傷つけてしまうのです。

自己愛性人格障害の人も

精神的には常に不安定でうつ状態や不眠に悩まされたり、

頭痛持ちであることが多く、

単に自己中な困った人、というだけの問題ではありません。

Tiaraの元カレも1日中寝ているということもよくあり

疲れやすく、怒りっぽいですが、

外では常に紳士的でいようとするため

自分の中にストレスがたまっていました。

そばにいることで

少しでも楽になればと思っていましたが

そばにいて離れない相手には安心感を持つため

攻撃を強めていくので、Tiaraの精神状態が持たなくなってしまいます。

自己愛性人格障害の人とは

普通の人間関係は、築けないでしょう。

一番いい方法は、そばに人がいない状態ということになりますので

自己愛性人格障害は、

将来的には孤独死する可能性が高くなり、

家族がいる場合でも、

怖くてとてもそばにいられないため、

一緒には暮らせない状態でいるでしょう。

自己愛性人格障害の人も一番安心できる環境は

自分1人でいる時間のほうが安心できるのではないかと思います。

普通の人は、自分のそばに人がいてくれることに

よろこびを感じたり、人が幸せそうにしているところを見て

自分もうれしくなったりしますが、

自己愛性人格障害のひとは感覚が違うため

誰かと長い間、一緒にいることは難しいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする