自己愛性人格障害の彼のそばにいることは、彼のモラハラを激化させてしまう。

こんばんは♡

今日は、

全く罪悪感を持たず徹底的に傷つける自己愛性人格障害は、

被害者に壮大な恐怖を与える、ということについて

お話ししたいと思います。

あなたは自己愛性人格障害の彼にひどく傷つけられて

それでもその彼といようとすることで

彼の自己愛性人格障害の症状を悪化させていることに

気づいていますか?

自己愛性人格障害の人への対応として

基本的なことは、

離れることです。

離れるのが嫌で、彼に傷つけられても

一緒にいようとすることは、

自己愛性人格障害の症状が余計にひどくなってしまうのです。

彼は心の奥底に

幼いころ、ありのままの自分を愛してもらうことができず、

努力をして成績を上げたときなど

何か成果を出したときのみ認めてもらえる、

またはどんなに頑張っても認めてもらえないなどの環境に

育ち、尊大な自分を作り上げることの努力をやめることができません。

誰かより優位に立ちたいのですが、

それを自分で判断することができないのです。

そのため常に強烈に自分を尊大な人間に見せるための努力をし続け

それでも、自分がないために自分が尊大な人間かどうかを

見せつけてくれる相手が必要なのです。

それが自己愛性人格障害の彼のそばにいるあなたです。

そして自分の価値を自分で認めることができないため

あなたからの称賛を得たときにはじめて高揚するのです。

それかそばにいる人を徹底的につぶしたときも

自分のほうが上だと少しだけ高揚感を得ることができます。

そのためにあなたは絶好の相手なのです。

だから自己愛性人格障害の彼を称賛するか彼にっ徹底的につぶされても

なおもついてくるあなたを見たとき

唯一彼が楽になれる瞬間なのです。

称賛だけならいくらでもしてあげて下さい。

たぶんあなたも人を褒めることは得意なほうだと思います。

でも、彼はそばにいてくれるあなたを徹底的につぶさなければ

心の中の怒りを抑えることができないときもあります。

その時、彼から離れていかないあなたは

絶好の彼の虐待相手なのです。

そして彼はそのたびに高揚感を感じることができて

あなたを手放せないのです。

そして彼の気分によって

徹底的につぶされたり

愛しているよ、よいわれているあなたは訳が分からなくなり

そのうち本当に自分でいろんなことを判断できなくなるのです。

だから自己愛性人格障害のそばにいて

何があっても彼が好きだとは言わないでください。

そんなことをしたら彼の症状が激化してしまいます。

晩年は誰も彼のそばに近づけないほど

ひどくなりますので、

彼のことを想うのなら

彼のそばにいてはいけないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする