自己愛性人格障害の全否定のわけ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

どうして全否定をしてくるか、

その心理がどうしてそうなるのかについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、とてもレベルが高いように見える人が

多いです。

素敵な彼と一緒にいられてしあわせなはずなのに

なぜかあなたが何もしていないと思っていても

彼からひどく否定されることは

ありませんか?

 

 

自己愛性人格障害の人は根本的に

自分のが上だと見せたいと思っています。

それは自己愛性人格障害の人だけでなく

そう思う人は、割と多いのかもしれません。

 

特に男の人はそう思う人が多いでしょう。

 

でもまれに自己愛性人格障害の人は

被害者のことを全否定してきます。

 

しかし、それは

あなたが、劣っているわけでも、あなたが悪いわけでもありません。

 

どうしても彼の心の病気のためにそう言ってしまうのです。

特に、自分のほうが下に思われる、と判断してしまうような

あなたの魅力を見つけたときには、

何が何でも勝たなければならない、

と半ば、恐怖に近い形で

全力であなたを全否定してきます。

 

Tiaraも電話で

朝までTiaraの劣っているところを

彼から否定されたことがあります。

 

言われたあなたは

ひどく悲しい思いと、大好きな彼にひどいことを言われたショックで

不安になるでしょう。

 

そして何とかして彼に分かってもらえるように

いろんなことを悩んだりするでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

何もしていない人にたいして

自分がそんなことを言うと相手が傷つくことなんて

お構いなしなのです。

 

自己愛性人格障害の人は

相手の気持ちが分からないとも言われていますが、

Tiaraはむしろ、相手の気持ちを気遣っている余裕がないほど

傷ついているんだと思います。

本人も堂々としていて

そんなことはない、と思い込んでいるため

ひどいことをしているように見えるのですが(もちろん実際にとてつもなくひどいです)

相手の気持ちを気遣うよりもまず、

自分が存在価値がないほどひどい自尊心しか持ち合わせていないため

必死で相手をつぶして、

自分を保とうとするのです。

 

だから、あなたが落ち込む必要はないのです。

ただ、そんな人間が(自己愛性人格障害)存在するとは

誰も思っていないので、

被害者は自分がなぜそんなことを言われなくちゃいけないのか

悩んだり、相手に合わせて自分を押し殺したりするようになってしまうのです。

 

理由さえ分かっていれば

そんなに傷つくこともなかったし、

そもそもの話をすれば、自己愛性人格障害の人を好きになることもなかったでしょう。

 

ターゲットだけでなく、

何かにつけて

人を否定します。

 

お料理1つとっても

Tiaraはめったに彼に褒められたことは

ありません。

彼と付き合う前は、

子供たちはTiaraの料理をおいしい、おいしいと言って

食べてくれました。

 

元旦那さんもTiaraのご飯が楽しみだと

毎日早く帰ってきてくれていましたし、

今までの彼も、すべてではありませんが、たまには

「これ、うまいな!」と喜んでくれることもありました。

 

でも、自己愛性人格障害の彼は

何を作っても「おいしい?」と聞くと

「うん。普通。」と言っていました。

 

1度だけ

「これはおいしいな。」と言ってもらえたことがあったのですが、

ほんとに1度だけです。

 

他にもショップ店員さんや

会社の人が彼に何か教えようと説明をしだしたりすると

「あの程度の知識で、よく俺に話しかけられたな。」と

言ったりしていました。

 

Tiaraはそれを聞いて

彼は知識が高いから普通の人程度や

お店の店員さん知識程度じゃ

彼のほうが上回るんだろうなと思っていました。

 

単純に信じていました。

 

でも今、考えると

その言動1つで

別に何か彼ができるところを見たわけでもないのに

彼はレベルが高いんだろうな、と

無意識に思い込んでいきます。

 

実際に得意なことは

ほんとにすごい知識で説明してくれていました。

 

そういうところからも

彼をどんどん信用していったのです。

 

でもそれは相手より優位に立ちたいがための話術だと思います。

 

実際に得意なことは

誰でも1つや2つあると思います。

 

特になくても

優しい、だとかマメだとか親切だとか、

人にはいいところも悪いところもあると思います。

 

でも彼が否定すると、

(もしかしたら信用しない人は信用しないのかもしれませんが)

特にターゲットになりやすい人は

相手がすごい、自分はダメだ、と思うような人が

多いと思います。

 

 

が、自己愛性人格障害の人は

自分が優位に立ちたいがために関わる人を

すべて否定し

そのことによって

人からの信頼を得ていくのでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください