自己愛性人格障害の被害者の心がけ その1

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者に

なりやすい人が

気を付けるべきことについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害に遭っている人は

大変理不尽な思いに

苦しんでいることが多いと思いますが

周りの人が攻撃されないのに

あなたが攻撃される理由は

あなたが悪いわけではありません。

むしろあなたの行動に

全く悪意のないほうが

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいのです。

だからあなたは仲の良い人と話すときも

その人にだけ聞こえるような声で

多少内緒話気味に話すよう

心掛けるようにしてください。

声が小さいと相手にも

聞こえにくい時もありますから

小さい声でもチキンと

相手に伝わるような話し方ができるように

多少、練習したほうがいいかもしれません。

Tiaraは、仲の良い人と話をするときは

その人のそばまで行って

その人にしか聞こえないように話をします。

ある程度は、どの人が

自己愛性い人格障害のひとなのか

分かっているので

その人が通るときは話を

しないようにしています。

それでもあなたを分かってくれる人は

必ずいますし、

自己愛性人格障害のひとは

怖いので印象は強いかもしれませんが、

数は圧倒的に少ないです。

だから自己愛性人格障害のひとが

見分けれるようになったら

その人さえ、いないところでしたら

普通の声で話しても大丈夫です。

理由は、自己愛市江人格障害のひとに

あなたの欠点を

知られないためや

揚げ足取りの材料になりうる情報を

与えないためです。

ですから決してびくびくする必要はないですし

むしろあなたのほうが

敵に背中を見せない姿勢を貫きます。

それをつ老けているうちにだんだんと

あなたの欠点はつつきにくくなり

もし、欠点をつつかれたとしても

うなずくだけうなづいて

後は知らん顔をしていればいいのです。

決して反論はしないように気を付けてください。

もし、反論をしてしまったとしたら

余計に攻撃される心配があるからなのです。

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心があまりに低いために

あなたにその気がなかろうとも

勝手にひがんで

攻撃してくる恐れがありますので

うなずくだけうなづいて

決してヒステリックになったり

反論をしたりしないでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする