自己愛性人格障害の人がイライラしているときの対処法

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

自分の怒りをぶつけられないと

ターゲットを順番に回る、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人が

イライラしているときですが、

もし、雰囲気でそれを感じ取ることができたら

さりげなく穏やかにその場を離れるのが

いいと思います。

自己愛性人格障害の人がイライラしているときは

その矛先をどこに向けようかと

ターゲットを探しています。

そんな時は、

できるだけターゲットになりたくないので

スーッとさりげなくその場を離れます。

そしてできれば

しばらくその場に戻らないほうがいいでしょう。

自己愛性人格障害の人は、

ふだんは

自分は、そんなひどい人間じゃないと

思っていますので

わりと親切にふるまいます。

Tiaraはそういう時は、

むしろ普通の人よりも

自己愛性人格障害の人のほうが

いっしょにいやすいです。

仕事なども他の人に聞くよりも

非常に分かりやすく

説明してくれたりします。

でも、ひとたび機嫌が悪くなると

何もしていなくても

こじつけてイライラをぶつけてきます。

なので、そんなときはできれば

ターゲットになりたくないですよね。

そんな時は、

しばらく席を外して、

できればそのまま帰ってしまうとか、

出かけてしまうとかして

その時は、自己愛性人格障害の人と

いっしょにいないほうがいいです。

できれば本当にさりげなく席を外してください。

どうしても戻らなければならないときは

できるだけ長めに戻らないようにし、

戻った後も

できるだけ静かにしていることです。

すると、運が良ければ

何も言われないこともあります。

自己愛性人格障害の人は

もともと臆病なので

自分がキレていることに、

あなたが気づいたかもしれない、と思えば

すべてを逆にしてきますから、

そんなことないよ?

と平静を装ってみたりするのです。

逆に、あなたのほうが

彼が怒っていることに気づいてないふりをして

普通に接すると

彼は、怒りをぶつけてくる可能性があります。

ひどい場合は、

そのまま長期の無視に入ったり

別れ話をされたるしますので

できるだけ、気づいたよ!という顔はせず、

穏やかにでき距離を置こうとすれば

彼のほうが、

あれ?やばい、怒ってることに気づかれたかな?

と怒っていないふりをします。

そんな場合でも

できるだけ関係性が穏やかなうちに

その日は帰る方向に

もっていったほうがいいでしょう。

もしほかの人がいる場合(会社や学校など)

あなたが穏やかに席を外している間に

彼にあたられている可能性があります。

自己愛性人格障害とは

自分がイライラしたときに

ターゲットになりそうな人がいると

そちらに怒りを発散させに行ったりします。

一番の心がけは

ターゲットになってもいいキャラクターで

なくなる必要があります。

できるだけ感情を隠し、

無表情で敵対心のない雰囲気を出しながら

彼からフェイドアウトするのが、

一番です。

一番やっていけないことは

その場から逃げずに、

彼の怒りを「うんうん。」と聞いてしまうことです。

あなたが彼の怒りを受け止める役になってくれると

喜んで、今後イライラするたびに

あなたのところにやってくることになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする