自己愛性人格障害の人に罪悪感はあるの?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の罪悪感ついて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人の特徴として

自責の念がない、ということがあります。

それでも、自己愛性人格障害の彼と

別れた後に、

彼が罪悪感を感じて

自分のところに戻ってきてくれるのか、

と思い悩んでしまう人がみえますが

残念ながら、それはありえません。

そもそも自己愛性人格障害とは

入れ物だけの存在で

中身がないので

責任が取れないのです。

普段、

あんなにも責任感がありそうに見えて

最後にすべてのことから

逃げ出してしまうのは、

そもそもが生きてきた時間のすべてが

尊大な自分の魅せかけの、つなぎ合わせなので

自分というものがありません。

それでも、自己愛性人格障害の人でも

結婚することもありますが

それは尊大な自分の

つなぎ合わせのストーリーの中で

結婚することが、

一番つじつまがあい、

自分を尊大で立派に見せかけることが

できる場合は

そのまま結婚することがあります。

しかし、その結婚は

とうてい幸せとは程遠いもので

人目を忍んで二人だけの世界の中、

自己愛性人格障害の人に

もっとも都合がいいように

あなたが虐待されていくだけの

関係になっていきます。

そして

あなた自身も彼があなたと結婚してくれたので

彼は責任感の強い人だと

思い込みます。

それでも理不尽な思いに

悩むことは日常茶飯事なので、

訳が分からなくなり、周りの人に訴えても

結婚しているので、

彼には責任感があるようにみえ

周りから聞いたら普通の夫婦げんかにしか

聞こえないので、

いろいろ訴えるあなたのほうが

むしろわがままに

とられてしまうことも多いでしょう。

そしてもう一つのパターンは

どうしても言い訳が立たず、

誰が見ても結婚しないとおかしいくらいに

関係が進んでしまったときに

結婚する、ということも考えられますが

二人だけの生活は

やはり、精神的に

より苦しくなることのほうが普通です。

[ad#co-1]

そもそもが

責任感が全くないので

トラブルが起きると

すべての責任をあなたに擦り付けて

自分はわるくない、ということを

主張するだけです。

すると彼には悪くない理由が必要であり

あなたが悪者にされることは

必然となります。

あなたがどれだけ彼のことを思っていても

健全な関係など成り立つことが愛のです。

むしろ、自己愛性人格障害の人は

自分のおなかの中の怒りと

責任感をぶつける相手が必要となりますので

自己愛性人格障害にとって

結婚とは必要なものになるのかもしれません。

でも、多くの自己愛性人格障害の人が

1人でいるのは

そもそもが関係性が深くなった

最も大事な人を

自分の虐待を使う恰好の獲物にしているので

どうしてもその関係性は

時間とともに崩れていってしまうのです。

だから、長い期間付き合ったからと言って

彼の罪悪感に訴えても

それは自己愛性人格障害の人から見れば

全然違った形で受け止められてしまい、

いくら話し合っても

お互いに理解をしあうということが

できないのです。

自己愛性人格障害の人との恋は

ある意味タイムリミットのある中で、

自己愛性人格障害の人が、

尊大な自分を魅せつけることに

満足している間だけ

繰り広げられる期間限定の恋なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする