自己愛性人格障害の彼が変わってしまうタイミング

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の彼が

付き合いだした当初と

変わってしまうタイミングについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

出会った最初のころは

とても好印象を持つ人が多いです。

コミュニケーション上手だったり

仕事ができて冷静で紳士的だったり

とても親切で細かいところに

気配りができたり。。

そんな彼の素敵なところに

惹かれたんだと思います。

自己愛性人格障害の彼に

あなたのほうから近づくことは

あまりありません。

中には「私から告白しました。」

という方もいることはいるのですが

必ず初めに自己愛性人格障害の彼のほうから

あなたのことが強烈に好きだということが

態度に出ていたり、

はっきりと好きだと

言われていたりしています。

本当に、自己愛性人格障害のひとに

自分から告白をしてしまうと

初めから精神的虐待をされてしまう可能性が

大だと思います。

だってはじめからターゲットとしてある程度

育ってしまっているのですから。

自分のことを好きだということは

初めからある程度の嫌がらせをしたとしても

被害者のほうから歩み寄ってきたり

もっと気に入られるように努力したり

彼からフラれて落ち込んだりします。

だからもし、自分から彼のことを

好きになって告白した場合、

けっこう初めの段階から

嫌がらせをされていると思います。

自己愛性人格障害のひとと

ある程度、楽しい恋愛を経験できるのは

彼があなたをターゲットとして

あなたにどんなにひどいことをしても

あなたが離れていかないような人なのかを

判断し

ターゲットとして育て上げならないのです。

その期間に

惹きつけ行為を全力でします。

その期間があなたが彼といて

最高に楽しい恋愛期間だと言えるのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分のすばらしさを

ほかの人に見てもらうのが好きなので

あなたに彼の素敵な所や

得意なこと、親切なところ、センスの良さ

才能などあらゆる良いところを見せつけて

あなたを夢中にさせることができます。

そしてあなたが、

もう彼と絶対に離れたくいない、と思うほど

彼のことを信頼した場合は

少々彼のおなかの中の怒りを

あなたにぶつけたとしても

あなたが離れていかなくなります。

初めのうちは

ちょっと不機嫌な顔をしてみる、など

本当に小さな事から始めてみます。

それでもあなたが怒らなかったり

気づいて彼のご機嫌を取るような行為を

してしまうと

さらに攻撃を強めてみて

あなたの様子を見ます。

あなたがある程度

嫌なことをしても我慢してくれると分かると

彼のことを大好きなあなたになら

彼は安心して

おなかの中の怒りを

ぶつけることができるのです。

そして、彼とあなたの距離が近づくにつれて

(あんなに優しかったのに何でなんで?)

とあなたが思ってしまうような

出来事に遭遇します。

これはたいていの自己愛性人格障害のひとが

よくやる行為で

自分に惹きつけておいて

突き放すのが好きなのです。

あなたが「なんで?なんで?」と

意味も分からず

彼の気持ちを疑うような出来事に遭遇し

彼に問いかけると

あなたのせいだと言われます。

あなたは彼に何もした覚えがなく

なぜ彼が怒っているのか分かりません。

普通のひとならここで

自分が何もしていないのに怒る彼がおかしい、

とすぐに気が付くのですが

被害者になるよう人は

彼が怒っているのは

自分の何が原因なんだろう、

と悩んでしまいます。

そして悩んでいるあなたを見て

彼はあなたをこじつけで

悪者にすることができると

確信します。

自分で自分を反省することのできる

責任感の強い人ほど

悪者にされやすいのです。

あなたが苦しい思いをしたくなければ

人を簡単に好きになってはいけません。

疑って生きろ、ということではなく

きちんと判断もしないうちに

なんでも許してしまったり

自分が我慢ばかりしすぎてはいけません。

彼のことを好きになってしまってからだと

深く傷ついてしまいます。

あなたを本当に大切にしてくれる人物かどうか

細かい疑問も流したりせず、

正しい判断をすることが

自己愛性人格障害から身を守るコツなのです。

誰でもいいから自分を好きになってくれた人と

とすがってしまう人は

その人が本当に

あなたを大切にしているかどうかを

きちんと見極めることが大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする