自己愛性人格障害のひとに自分から別れ話を出してはいけない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとに

別れ話を出してはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとにあなたから

別れ話を出すときは

慎重にならなければいけません。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

普段はとても堂々としているので

そんな風に見えませんが

ふとした時に、

とても臆病に見えることがあります。

 

自分が上に立てると思った人には

とことん強いのですが、

自分が上に立てないと思った人には

何も言えなくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとから

あなたを捨てるときも

とても強い拒否反応を示して

あなたを見下したり、無価値化することで

あなたを悲しみのどん底まで突き落とします。

 

 

ですが、あなたに捨てられる、となると

途端にしがみつき行為を見せるのです。

 

このしがみつき行為が強かった場合、

あなたにまだ彼と別れたくない気持ちが

少しでも残っていたなら

また元のさやに戻ってしまいます。

 

そしていったん離れようとした後で

戻ると

なぜか以前よりもモラハラ行為が

強くなっているのです。

 

だからいったん離れようとした場合は

その離れようとした距離から

少しでも戻ってはいけません。

 

ですがもし、

あなたが別れ話を出したときに

自己愛性人格障害の彼が

新しいターゲットを見つけていた時は

あなたのほうを気にもとめずあっさりと

連絡は途絶えてしまうでしょう。

ところが誰もいないとなると

せっかく今まで時間をかけて

彼に逆らわないよう育ててきたあなたを

失うことに

非常に極端な恐怖心をいだくのです。

 

もし、自己愛性人格障害のひとと

本気で離れたいと思っていた場合

なかなか離れられなくなってしまう

危険性があります。

 

だからあなたからは

できるだけ別れ話を出してはいけないのです。

 

本当に自己愛性人格障害のひとと

離れたたかった場合、

彼に気づかれないよう

少しづつ距離を離していく必要があります。

 

連絡を取る回数や

時間を徐々に離していくのです。

 

一番いいのは

彼から別れ話を出すように持っていくのが

一番最適な方法です。

 

そして彼の言うことを聞く形で離れるのが

一番穏やかに離れることができます。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分からフルことによって

満足します。

 

ためしに、あなたから離れた場合

彼の様子を見てみてください。

 

まるで

自分から離れたような言い方をします。

 

これは自己愛性人格障害のひとなら

みんな同じで聞いていて少しおかしいのですが

自己愛性人格障害の本人は

いたってまじめにそう思っています。

 

だから彼から言い出して

彼の言うことに従う、

もしくは私なんかがそばにいたら

あなたに迷惑をかけてしまう、

という別れ方がベストなのです。

 

やってみたことがある人は分かると思います。

 

 

できたらそのまま自然消滅で

争うことなく、離れてしまって

音信不通になってしまうことが

唯一

穏やかな別れ方ができる方法なのかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください