自己愛性人格障害のひとは自分のしたことを人のせいにしてとことん逃げる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分のしたことを被害者のせいにして

最後までとことん逃げる、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害とは

自分には価値がないと

心の底では思っていて

あまりの自尊心のなさから

極端に不安になり

どうしても自分の周りに悪者を作ってしまい

それよりはましだと

常にしている病気なので

それを信じてしまった周りの人からは

じこあいせいじんかくしょうがいのひとが

作った悪者にされた人のほうに

注目が集まっているので

自己愛性人格障害のひとがしている

細かい細工には

なかなか気づくことができません。

この悪者にされてしまう人が

いわゆるターゲットと

呼ばれる人たちなのですが、

自己愛性人格障害のひとの周りに

本当に周りから

もともと嫌われている人がいる場合や、

本当にひどい人がいる場合はいいのですが、

(普通のひとから見ればいい訳はないのですが)

もし悪者になる人がいなければ

わざわざ作り出します。

誰かが悪者になれば

それは嘘でもこじつけでも

どうでもいいことで

その人がどうなろうと

自己愛性人格障害のひとには

本当に関係がない、と思い込みます。

普通のひとはそんなひどいことは

到底できないのですが、

自己愛性人格障害のひとは

共感力が全くないので

お構いなしなのです。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分がそんなことをしていると

ばれることに怯えていますので

なんでも自分のせいだと思い込みやすい人や

優しい人、気の弱い人をターゲットにします。

そのほうが自己愛性人格障害のひとに

怒ってくることがないと

無意識のうちに安心してそういう人を

狙ってしまいます。

そしてそういった被害者が

世の中には

本当にたくさんいて

そういう人たちは自分が知らないうちに

嫌われていたり、

誤解されていたり、

会社やコミュニティにいられなくなってしまい、

いつも居場所を追いやられているのです。

仕事を転々とする人の中に

こういった被害者がいても

おかしくはありません。

そしてこの被害者になるような人たちは

自己愛性人格障害に人の部下だったり

後輩だったり、友達や恋人、

奥さんであったりすることも多いのです。

つまり自己愛性人格障害のひとは

自分に最も近い人物や

自分のことを愛してくれる人や

信頼してくれる人も

平気でターゲットにします。

むしろそういった人のほうが

自己愛性人格障害のひとの事を

裏切ることが

非常に少ないからなのです。

これは、はた目にはほとんど分かりませんが

残忍極まりないです。

でも、自己愛性人格障害のひとは

その事実を知ると

自分がひどいことをしていると

認めなければならないので

そんなことはしていないと思い込みます。

そうすることで、自分がしたことの

罪から逃れようようとしているのです。

だから自己愛性い人格障害のひとは

とても印象が柔らかく

あまりにも理不尽な思いを

たくさんしている被害者のほうが

攻撃的なっていることも

よくあることですが、

Tiaraには本当は

どっちがひどいことをしているのか

とてもよくわかります。

今でもTiaraの周りに

自己愛性人格障害のひとはいっぱいいますが

その人が誰かを

しつこくくどくど怒っているときも

その怒り方と言っている内容から

本当にその人が悪くて怒られているのか

自己愛性人格障害のひとが

自分の感情をぶつけるために怒っているのか

とてもよくわかります。

Tiaraは彼のしていることや

言っていることがおかしいと感じ始めたとき

素直に彼に自分の気持ちを

打ち明けたことがあります。

何もしていないのに

突然無視をしたような形になったり

急に無口になったり機

嫌が悪くなったりして

怖いと感じることがあると。。

一緒に帰ろうと言っていたのに

突然先に帰ってしまって

心臓が止まりそうになることがあり

「あれ?怒ってるのかな?」

とか「何かしたのかな?」と思ってしまうことがあると。

すると彼はこういいました。

「俺も同じことを

Tiaraに感じたことがあるよ。

Tiaraはそんなつもりもないと

分かるから何も言わなかったけどね。。。」

そうなんだ。Tiaraも

誤解されるような行動を

とっちゃってたんだね。。

と思っていました。

そして彼だけが

そう見えるんじゃない、

Tiaraだってそう見えることがあるんだ、と

彼だけが特別じゃなく

誰にでもあることなんだ。。

と思っていたのですが

今、考えたら

Tiaraはかなりわかりやすいほうですし

どちらかというと

なんでも口にするので

そんな風に誤解を受けることも

今まで1度もありません。

これは、彼が

自分はおかしくないんだよ、

俺だってそんなつもりもないのに

Tiaraから見ると無視してるように

見えちゃうこともあるんだ、

というまやかしでした。

そしてほかにも

自己愛性人格障害のひとに限って

長時間の説教をした後に

ほかのひとにはむしろ柔らかすぎるほど

柔らかくいい人で接しているので

被害者の人が悪く見えてしまったり

自己愛性人格障害のひとは

怒っていたけど、あれはあの子が悪くて

仕方がないから

(もしくは、よっぽどのことがあったから)

怒ったんだ、ととらえられることが

多いのです。

分かんない人は

本当に信じちゃうと思います。

そうやって人のせいにして

自分は悪くない、

と相手に思われるような状況を

作り出して人のせいにして

ごまかしているのです。

ですが、Tiaraはそれもおかしい、

と見抜くことができるので

自己愛性人格障害のひとがとても

おかしく見えます。

世間の人は騙されやすく

自己愛性人格障害のひとが正しい、

と思っている人も

限りなく多いのです。

本当のことを見抜けなければ

本当に危険ですし、

いつの間にか

ターゲットになってしまうことも多いです。

どうか

自己愛性人格障害の病気の症状の

知識をつけて

自己愛性人格障害のひととは

ある程度距離を保って付き合うことが

あなたがターゲットにならない

唯一の方法なのです。

そして、あなたのプライベートな情報は

一切与えないように

気を付けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする