自己愛性人格障害の被害はいろいろなパターンがある

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人の特徴について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

世間的に見れば、

いい人が圧倒的に多いです。

というか、

自分を大事にしている人というのは

他人と意見が違う時には

「違う。」とはっきり言うことができ、

自分が嫌な思いをしてまでも

他人に合わせたりはしないので

自己愛性人格障害のひとがいたときに

瞬時に気づき、離れていきます。

だから、

自己愛性人格障害の被害に遭うまでには

いたらないのです。

それに比べて

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

自分が嫌な思いをしても

極端に離れることができず、

自分さえ我慢していれば、

相手は必ず分かってくれる、

と思い込みすぎています。

自己愛性人格障害のひとは

自分が嫌なことをしたとしても

許してくれる人には

どんどん甘えていく習性を

持ち合わせています。

それは、自己愛性人格障害のひと本人も

気づいていませんが、

本当に自然に悪気なく、

優しい人や気の弱い人、

自分のことを好きで

離れたくないと思っている人には

極端に敏感で、

そういった人にはどんどん甘えて

嫌がらせを強めていっていて

そのことに気づかず、

自分の中の

わけの分からないおなかの中の怒りを

少しでも抜いて発散させないと

平常心を保つことができないのです。

自己愛性人格障害のひとも

その感情は、覚えていないほど

昔から続いているものなので

自分のことを普通だと思っています。

だから、何かわけのわからないイライラが

おなかの中にこみあげてくると

目の前にいる人のせいで

自分はイライラしている、

と思い込み

その人の悪いところを

全力で探します。

ただ、自己愛性人格障害のひとも

目の前のひとなら

誰にでも怒りをぶつけるのかというと

そうでもなく

自己愛性人格障害のひとが

絶対に腹を立てない人物がいます。

それは、地位の高い人や

役付きのひと、

頭のいい人やお金持ちのひとです。

どうしてその人たちには

おなかの中の怒りをぶつけないかというと

自分が絶対に勝てない、

と思った人には

怖くて怒りをぶつけることが

できないからです。

自己愛性人格障害のひとは

どこかでなんとなく

自分が本当はひどいことを

していることに気が付いていて

そのことが世間の人にばれることを

恐れています。

自己愛性人格障害のひとは

覚えていないほど幼いころに

そのままの自分を認められた記憶がなく、

他人に否定されることを

ひどく恐れています。

地位の高い人や役付きのひと、

頭のいい人やお金持ちには

それがばれてしまうと

自分の立場が悪くなる、

となんとなく思っていて

その人たちには決して疑われないように

従順に従い、

そういった人に気に入られることが

得意です。

そうやって効率よく生きているのです。

だから、自己愛性人格障害の被害遭うほど

優しい人や弱い人、

自己愛性人格障害のひとを

決して否定しないような

心を許した人にだけ

精神的虐待をしても

怖くないと思っているのです。

だから、あなたは

自己愛性人格障害のひとから

虐待をしても怖くない、

と思われてはいけません。

自己愛性人格障害のひとから

精神的虐待を受けても

彼から離れていかない彼のことが好きな

女の子や

職場の後輩などは

自己愛性人格障害のひとが

とても安心して

自分のおなかの中の怒りをぶつける

道具にしてしまいます。

そしてそのことによって

自己愛性人格障害のひとは

満足しているのです。

だからなかなかターゲットを

離そうとしません。

被害者が自分から離れていかないことで

自己愛性人格障害のひとが

あなたが離れていかないように

努力をする必要が

なくなってしまっているのです。

だから、あなたは、

自己愛性人格障害のひとに

嫌がらせをされた場合、

即座に離れてください。

離れていかない、と思われてしまうと、

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

どんどんひどくなるのです。

あなたのことが本当に好きな人は

そんなことは決してしません。

Tiaraも自己愛性人格障害のひとからの

Tiaraをどれだけ愛していて

離したくないかをつづる

長い長いメールが

いくつかありますが、

今、こうなってしまった彼を思うと

あのメールを書いていた彼が

とても不思議に思えるのです。

だから中身がないことが分かります。

彼も自己愛性人格障害という病気だったので

彼を恨むことはできず、

ですが、彼と一緒にいることはできません。

明らかにその時の彼のメールを見た女の子は

彼を本気で好きになってしまうでしょう。

こんなに思ってくれる人は

他にはいないから

彼とならどんな困難でも

乗り越えて見せる、

と当時のTiaraは思っていたわけ

なんですよね。

彼は、

Tiaraのことを本当に強く好きだと

思っていて

それでもTiaraのことを思って

自分が辛いのは分かってるけど、

それでも周りのことを考えて

別れましょう。

という

惹きつけメールもあります。

その時考えても、今考えても

意味が分かりません。

分かるのは、

強烈にロマンチックで

ドラマチックだということと

それなのにTiaraのことを思って別れる、

という強引な持っていき方です。

そんなのTiarが納得のいくわけが、

ありません。

(そのころ、Tiaraと彼が

別れなければならない理由というものは

これと言って何もありませんでした。)

「いやだよ!」というのを前提で

文章を作っていますね。

これは、小説にして短編小説並みの長さが

1通のメールであり、

それが何度も何度も来ています。

彼が激化するまでこれが繰り返され

4年という歳月が流れ、

Tiaraの家族や親せきや知り合いは

みんな結婚すると思っていた段階で

(当然、彼からの熱烈なプロポーズは

何度も何度もありました。)

ふいに嫌がらせが始まり、

あまりの反転におかしいと思い、

調べだしてすぐに

自己愛性人格障害だと分かりました。

ですが、幸せな時期と

ドラマチックな別れの繰り返し期間が

あまりにも長かったです。

わざとやっていたなら

ここまで長くはかかりません。

だから、ものすごく幸せだったり、

ここまでしてくれた、という話を聞いても

自己愛性人格障害ならTiaraは分かります。

普通のひとなら、

これだけ濃い期間があったのなら

遊びではないし、

彼も別れを考えに考えて

結論をだしたのでしょう、

と思うことも

自己愛性人格障害の激化の場合と、

本当によくよく考えての

別れだった場合との違いが

Tiaraには分かります。

おそらく、

自己愛性人格障害の被害に

遭った人なら、たいていの人が

普通の人の別れとの違いが判ると

思います。

だから自己愛性人格障害の被害は

会社でのモラハラや学校での

いじめのように

本当にひどいものもあれば

ロマンチックな期間もあった

大恋愛の後の

モラハラも、両方あるのです。

どちらも脳の構造が同じなので

それぞれの虐待の方法が違うだけで

根本は同じなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする