自己愛性人格障害の被害に遭わないための考え方


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

自分を大切にしなければ

幸せにはなれない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人の特徴として

普通のひとよりも特に優しすぎる、というものが

あります。

 

 

もっと言うなら優しすぎて

自分のことよりも

相手のことを優先してしまうあまり

自分がひどいことをされていても

分からないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは自分が一番でなければ

怖くて生きていけない、

という極端な自尊心のなさから

自分を素敵に魅せることを常に必死でしています。

 

 

知的で有能な所や優しいところ

相手に親切にしている自分や

相手のために

何かいいことをしている自分が

好きなところがあり

でもそれは、はた目からみると

自分をよく見せるためにしているとは

思えません。

 

むしろ相手から見て

つまり、あなたから見て

あなたのことを

本当に思いやっていていてくれる

という風に見えるのです。

 

普段、相手が何のために

どういう目的で親切にしてくれるかなんて

考えることもしないので

まさか自分をよく見せるために

必死にいい人を演じているなんて

思いもしないでしょう。

 

 

人間は自分がしているように

相手も自然にそうしている

と思ってしまうのです。

 

あなたも自分のためにこんなにもいろいろしてくれる彼を

自分のことが本当に好きだから

ここまでしてくれるんだ、と思ってしまうでしょう。

 

だから、彼のことをここまで好きになってしまうのです。

 

それが、あなたのことを本当に好きではない、

と言っても信じられないかもしれません。

 

 

すべては、ことが終わってから

彼から何の感情もなく捨てられ

ほかのひとに必死に親切に優しくしているところを見て

ショックを受けるのです。

 

 

彼は、自己愛性人格障害の特徴から

次の自分のことを信じてくれる人に対して

必死で優しくしているだけなのですが

それを見て、ショックを受けたり悲しんでいるあなたを見て

自分がこんなにもあなたから愛されている

と満足して高揚感を感じ、

さらにあなたを傷つけて自分の満足感を得ようとして

今度は狂ったようにあなたを傷つけ始めます。

それも、自分が悪く思われることに極端に怯えていますから

細心の注意を払って

彼がひどいことをしているわけではなく

あなたが勝手に傷ついている、と

見せかけるために

たとえば新しい恋人に

とても優しくしているところを見せますから

はたから見たら

彼が悪いことをしているようには見えません。

 

新しい恋人ができることは

普通にあるでしょうし

新しい恋人に優しくしていることは

彼女のことが本当に好きだからしているだけのことで

何ら不思議はないのです。

 

むしろ、恋人に優しくすることは

素晴らしいことですし

それを見てあなたが悲しむ姿を見ても

それは仕方のないことだと

思うはずです。

 

 

そしてあなたが悲しむ姿にも

もちろん同情してくれると思うのですが

自己愛性人格障害のひとは

限度なく

あなたを傷つけることを

やめようとしませんので

あなたは普通の失恋で傷つく感覚だけでなく

心をえぐられるような本当にひどい傷つき方を

何度も何度もします。

 

Tiaraも経験があるので分かるのですが

これは本当に苦しいです。

 

Tiaraはこの経験が怖くて逃げたくなり

どんなに好きでも

どんどん傷つけてくる

自己愛性人格障害のひとは

とても恐ろしいです。

 

どんなにきれいに見えても

それは自分がきれいに見えることにこだわった

人を傷つけて自分の自尊心を上げる

他人のことを

何とも思っていない

心のない人間のやることです。

 

あなたが彼にこだわる理由は

そのきれいに魅せていた彼を

信じているからで

いつかその彼が戻ってきてくれるかもと

期待をしてしまうかもしれませんが

その彼が戻ってくることはありません。

 

それは、架空の彼で彼自身も何をしていたのか

覚えていないのです。

 

そんな人にこだわっていると

あなたの心がどんどんえぐられていき

そしてそれはあなたの周りのひとにも

理解不能なことなので

あなたは周りに理解されなくなり

するとあなたは

人に理解されることをどんどん求めていき

あなた自身が周りの人から見て

迷惑な存在になってしまいます。

 

自己愛性人格障害の被害は

その被害に遭ったものにしかわかりません。

 

あなたが信じてもらえなくなるように

彼が周りの人に吹き込んでいる場合もありますし

吹き込んでいなくても

彼の行動が自然に見えるので

あなたの方がいつまでも彼にこだわっていて

うざいと思われてしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

魅せる幻から抜けるには

相手にしないか離れるしかありません。

 

 

心を寄せて考えても

仕方のないことなのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに関わっていると

あなたはトラブルだらけに

なってしまいます。

 

 

あなたの人生が

今までトラブルだらけだったのだとしたら

それは近くに自己愛性人格障害のひとが

いたせいでしょう。

 

 

周りに

自己愛性人格障害のひとがいなければ

驚くほど平和に過ごせます。

 

自己愛性人格障害のひとでなければ

本当に心を通わせることができるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

頼りがいがあるように見えるかもしれませんが

責任感がありませんので

ついていってもいつか、

その頼りがいがあるように見えていた姿も

いつの間にか消えてなくなります。

 

もともと演じているだけなので

自己愛性人格障害のひとも

その演じていることにつかれてしまうのです。

 

そして多くの場合

途中で逃げ出したくなってしまうか

すべてをあなたのせいにして

怒りをぶつけてきます。

 

その時、あなたは何もしていないのに

悪者に仕立て上げられてしまうのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください