自己愛性人格障害のひとは自分がひどいことをしているとは本当に思っていない

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

自分がひどいことをしたとは

本当に思っていない

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

自覚がないと言われていますが

本当に自分が悪いことをした、とは

思っていません。

記憶がなくなるわけではないので

あった出来事については

しばらくは覚えているとは思うのですが

しばらくたつと

本当に忘れてしまっていることも

よくあります。

そもそも、常に人よりも

上の立場に立つこと考えて生きていますので

その瞬間瞬間に

自分が相手の上に立つことのみに

必死になっています。

たとえば相手が

自分の仕事の実績が良いことを話したり、

その人から直接聞かなかったとしても

別の方から人の実績がいい話を

耳にしたとします。

すると、自分が負けることへの

極端な恐怖心から

無意識のうちに相手の失敗談を話したり

相手の失敗を言ったりして

相手の実績が良いことの事実を

悪いことで塗りつぶそうと

してしまいます。

これは本当のことではなく

嘘をついてでも

その人が悪く思われるようなことを

冗談めかして言ったりします。

周りで聞いている人は

人のことなど案外どうでもいいので

自己愛性人格障害のひとの話を肯定して

その話のネタの人物の実績が

なかったことになってしまいます。

その人に実績があろうがなかろうが

どうでもいいのです。

そうやって

その人の積んだ実績は

なかったことになってしまいます。

これくらいのことなら

ちょっとしたことで

なんでもないことだと思うのですが

これを何度も何度も繰り返されていると

その人はどれだけ実績を積んだとしても

その実績は摘まれることはありません。

そしてそれだけでなく

なんとなく

その人は、

自己愛性人格障害のひとの

繰り返しのつぶし行為により

周りの人から

軽くみられるようになってしまいます。

どれだけ実績を積んでも

なかったことにされてしまいますし

なんなら、

ディスられる対象になってしまうことも

ありますし、

自己愛性人格障害のひとが

バカにすることによって

もともとは

周りの人は

何とも思っていなかった人だとしても

みじめな存在だと思われるように

なってしまいます。

小さなディスりでも

何度もなんども繰り返し

行われることにより

軽く扱われる人になってしまうのです。

これは、学校や会社などでも

けっこうひんぱんに行われていることで

そこでいじめの元となりますが

周りの人は

案外自己愛性人格障害のひとが

やっていることに

気付いていません。

ですが、Tiaraはこういうシーンを

何度も目にしているので

いじめのメカニズムが

はっきりと読めてしまうのです。

今はそこまで言っていないといしても

繰り返し行われるそういった

ディスり行為を

さっぱりしている人ほど

軽く流してしまいます。

一見それがいいことのようにも見えますが

普通のひとよりも軽く扱われることが

当たり前になってしまうのです。

もし、それに気づいたら

もし軽く扱われていることに

気づいたときに

それを軽く笑い飛ばして

許したりしないでください。

一瞬、黙ってもいいですし、

真顔になってもいいです。

その場からㇲっと席を外して

いなくなってもいいですし、

戻ってきても

あまり口を利かないようにしてもいいです。

そうすると

たいていの人は、共感力が少しでもあれば

あなたが傷ついたことが分かりますし、

これ以上あなたに何も言わなくなります。

これが軽く見られないようにする

コツなのです。

よく見ていると

自己愛性人格障害のひとは

こういったことを

結構やっているので

よく観察していると

とても分かるようになると思います。

自己愛性人格障害のひとは

軽く扱われることは

ほとんどないと思うのですが

それを参考にあなたも

わざわざ文句を言ったり

露骨に怒って見せなくても

少し会話を減らしたり

目線を合わせなくなったり

その場から立ち去るなど

期限の悪いことをアピールしてもいいのです。

むしろ、気づいていないふりをして

明るく振舞ったり

水に流したりすると

自己愛性人格障害のひとにも

周りのひとにも

軽くあしらわれるようになると思います。

あなたの優しさやあなたの寛大さは

利用されるだけで

むしろあなたにとっては

自分の立場を

苦しめていくだけの

ためのものになってしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする