自己愛性人格障害のひとは自分が優位に立てないと急におとなしくなる


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

自分が優位に立てないと分かると

急におとなしくなる、

ということについて

お話ししようと思います。

自己愛性人格障害のひとと

お話をしていると

気づくことがあるのですが

まだしりあって間もないころは

やたらと親切にしてきたり

周りの様子を本当によく

うかがっていて

その人が困った瞬間に

瞬時によりついてきて

その対策を教えてくれたりします。

自己愛性人格障害のひとに話したり

相談したりしたわけでもないのですが

どこからか飛んできて

今困っていることについて

アドバイスをくれたり

一緒に手伝ってくれたりします。

それはそれでありがたいので

心を許して自己愛性人格障害のひとと

そのまま仲良くなってしまう人も

多いでしょう。

本当に驚くほどコミニュケーション力が

高いのですが

自己愛性人格障害の存在に気付くと

いつもこちらの様子を

うかがっているのが分かります。

初めのころはそれでうまくいく人も

多いと思います。

そのうちに困ったことだけでなく

人の失敗にもよく気づくことが

分かります。

「ねえ、あの子また

どっかにいなくなっちゃったよ?」

とか

「また今日も困ってるんじゃない?」だとか

親切というよりはだんだん

その人の失敗を

周りの人に聞こえるように

言っていることにも気づきます。

今のTiaraは

自己愛性人格障害の存在に

気付いているので

それを聞いたところで

その人のことを悪く取ることは

ありませんが

人によっては

自己愛性人格障害のひとの話を聞いて

(またいなくなっちゃったんだ。

サボってるのかな?)とか

(また困ってるんだ。

分からないことが多いんだな。)

とその人が何をしているのかも

知らないくせに

だんだんバカにするようになる人も

いるはずです。

何気ない会話の中にも

自己愛性人格障害のひとの欠点が

良く見えています。

そして、そのうちにその人がもし

自己愛性人格障害のひとに

親切にされたことでなつきだすと

今度は冗談まがいにからかいだして

大声でその人のダメなところを

宣伝しだすのです。

人のことを悪くしか言わないし

自分の親切心も

こっちから頼んだわけでもないのに

執拗にまとわりついて

異様なほどの

しがみつきをみせつけながら

親切にしてくれますので

この子なんか変だな、と気づきます。

以前のTiaraなら

全く気づきもしなかったでしょう。

ちょっとうざいけど悪い子じゃないし

きっとTiaraと

仲良くしたいだけなんだろうな

と思い

受け入れてしまっていたと思います。

ですが今は

自己愛性人格障害かもしれない、と

その人と距離を取り出すのですが、

すると今度は急に丁寧な態度になり

おとなしくなるのです。

これは自己愛性人格障害のひとでは

ない人でも

起こりうることなのですが、

仲良くなるとあなたのことや

他人のことを

バカにしだすので

分かります。

普通のひとは、仲良くなればなるほど

安心感と信頼が増すのです。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

他人よりも

自分のほうが上だと思うことに

異常な喜びを感じていますので

他人の悪い話を聞くと

うれしそうな顔をしたり

冗談まがいに笑いものにしたり

するのです。

普通のひとは他人の悪い話に

そんなに嬉しそうに飛びついたり

しません。

その時の顔が異常にうれしそうなので

自己愛性人格障害のひとは

すぐに分かるのです。

ですが、自分よりも上だと思った

人物や

自分よりも頭がいいと思った相手には

驚くほど従順です。

だからそういった品格を持った

立場が上のひとや

おかね持ち、会社の上役のひとや

経営者などは

自己愛性人格障害のひとの

ひどいところを

見たことがないはずです。

そして

そういった人には

ものすごく気に入られようとして

しがみつくので

自己愛性人格障害のひとは

上の位のひとからの評価は

驚くほど高いのです。

あなたの立場が

自己愛性人格障害のひとより

立場が下だったり

よほど自己愛性人格障害のひとには

負けないものがない限り

自己愛性人格障害のひとの

そばにいると

驚くほどけなされて

見下されていくのです。

そしてそこにしがみついて

彼に気に入られようとすると

とんでもないひどい思いをします。

自己愛性人格障害のひとに

気に入られてはいけません。

そして嫌われても

とんでもないことになるので

自己愛性人格障害のひとには

常にニュートラルに接するのが

一番です。

もともとそんなに

かかわっていなければ

自己愛性人格障害のひとは

驚くほどおとなしいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする