自己愛性人格障害のひとの自覚のなさ

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の自覚のなさについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは自責の念がない、

と言われていますが、

自分のしたことに対して自覚がありません。

よく自己愛性人格障害の被害に遭ったかたから

こんなにひどいことを

したことを認めてほしい、とか

後からでもいいから反省してほしいと

言われますが、

残念ながらそれはほぼないと

言っていいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

自分のしていることに全く自覚がなく

自分でもそんなことをしているとは

思っていません。

厳密にいえば、自分がしたことはなんとなく

分かっているのですが、

もともとが、自尊心の極端ななさが

病気の原因となっていますので

そこを認めてしまうと辛すぎるので

自分の中で理由付けをしてしまい、

あいつがあんなことをしたから

俺がこうなった、と思い込むことにより

自分を少し楽にしてしまい

無意識に責任から逃れようとします

なのでもし、自分がしたことを認めてしまうと

自分が悪い人間だと認めてしまうことになり

辛すぎるので認めることから

無意識のうちにどうしても逃げてしまいます。

だから本人も、

自分は悪くない、と

強く思い込むことによって

普通に生活ができているのです。

自分が悪いと認めてしまうことは

極端なほどの恐怖に近い感情となってしまいますので

あなたがもし、本当のことを指摘してしまったら

恐ろしいほどの勢いで

全力でつぶしにかかってくることになります。

普段から

自己愛性人格障害に敵対心を見せてはいけない

と言っていますが、それは

自己愛性人格障害のひとが

全力でつぶしにかかってくることを

避けるために言っているのです。

自己愛性人格障害のひとのしていることを

やめさせるためには

本人がしたいと思わない、

または、

したら自分にとんでもないことが起きる、

と自己愛性人格障害のひとが

思わなければ絶対にやめません。

自己愛性人格障害のひとが

自分の意思で決定した、

と思わせることが大切です。

決してあなたに

「すいませんでした。」と言って

やめることはないのです。

だから自己愛性人格障害のひとに

彼のしたことを背的するのは

やめてください。

方法としては、

彼がひどいことをしたり攻撃を仕掛けてくると

彼の周りから人がいなくなったり

彼のことを相手にしなくなったり

彼のところにだけ話が入ってこなくなる、

など自己愛性人格障害のひとが

彼がしたことによって損をする、

という風に持っていくと自然にやらなくなります。

わざわざ指摘をして彼を刺激して

全力の攻撃にあわないよう

お気を付けください。

自己愛性人格障害は病気です。

常識は通用しないと

思っていてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする