自己愛性人格障害の被害に何度も遭う人へ考え方を変えることの勧め

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害に

何度も何度も遭う人へ

考え方を変えることへの勧めについて

お話ししようと思います。

自己愛性人格障害の彼と別れても

またしばらくたって

ようやく新しい幸せをつかみかけているとき

また、新しい彼の不思議な行動から

何かおかしいと気づき、

やがてまた同じような被害に巻き込まれる方が

たまにお見えになります。

これは、まだ、

自己愛的な人に魅力を感じていて

まだ、自己愛性人格障害と

普通の人の見わけがついていないと

思われます。

特にまだ自己愛性人格障害の彼と

別れたばかりのあなたは

素敵すぎる彼と

似たような雰囲気に

惹かれているのかもしれません。

自己愛性人格障害の人は

共感力を感じる能力がありませんが

それを使わない場面においては

魅力的なことも多いですし、

それ以外は全く普通なのです。

ですが、その共感力がないために

どれだけひどいことをしても

相手の気持ちに寄り添うことがないので

自分の都合でどれだけでも

ひどいことをしてきて勢いを弱めることがない、

ということがものすごく恐ろしいのです。

それさえなければ、むしろ

普通の人よりも魅力的なことは

多いので

自己愛性人格障害の人と付き合うことは

あなたにとって

とても素晴らしい経験をすることでしょう。

ですが、その共感力があるかどうか

人の気持ちを気遣うことがあるか

どうかということが

非常に重要で

それがあるかないかを見逃してはいけないのです。

共感力があるかどうか

自己愛性人格障害か普通のひとかを見分ける

ポイントになります。

彼があなたを

本当に思いやることが出来るかを

よく見て

共感力がなかったり、

あなたが傷つくようなことを

立て続けにおこなったり、

意味もなく人を見下しているところがあったり

人の上げ足ばかりをとっているようなところがあれば、

今後あなたが彼と、付き合うことが

あなたにとって

有益なものになるかを考えなくてはなりません。

彼の共感力に疑問を持った場合は、

彼に弱みを見せることをやめ、

直ちに少しづつ、

心の距離を置くようにしていってください。

何度も同じように傷つけられて

同じことを繰り返しているようなら

いい加減、それに気がついて

そこから出る必要があるのです。

普通なら

そんなひどいことはできないだろう、

というのは

自己愛性人格障害のひとには

当てはまりません。

ましてや、自己愛性人格障害のひとは

自分がしていることが

普通の人からはするわけがないだろう、

と思われている行為のため

ばれにくいことを知っているのです。

常識ではとてもできないようなことをするため

被害者が疑問を持った時に

「そんなことするわけないよ。」

といえば

あっさりと信じられてしまうでしょう。

彼がそんなことはするわけがない、

と思うほうが自然なのです。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

そんな世間の人々の常識の裏をかいているので

もし、被害者が気づいたとしても

被害者が信じてもらえないほうが

自然流れになるので

被害者は嫌な思いをしても

周りに信じてもらえないので

うったえることができず、

たとえ勇気をふりしぼっていったとしても

被害者のほうが異常に見えてしまうのです。

やられているのに信じてもらえないという

非常にみじめな状態になりますので

自分のことを信じてくれない人に訴えれば

うったえるほど

信じてもらえない状態となりますので

黙っていたほうがましな状態に

なってしまいます。

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとよりももっと遠くから

自分のいる世界を見ていて

自分のいるポジションが人と比べて

上になるには

自分がどの位置にいればいいかを

把握している感じです。

自分の立場が上になればいいので

その都合によって

彼の言うことはころころ変わります。

一貫性はなくてもよいのです。

そんなことよりも

その場でいかに自分が立派に見え

正しく見えるかに

こだわっているだけなので

嘘だろうが、話が変わろうが

まったく気にしません。

それが、周りの人に

ばれなければいいのです。

そのために全力で自分の都合のいいように

周りの状況を調節します。

そして彼が正しく見えるように

情報を操作してしまうのです。

もしあなたが自己愛性人格障害の被害に遭ったことが

あるのなら

あなたの見るところは

相手が素敵な人かどうかではありません。

あなたは自分のことを大切に扱って

傷つけないようにしてくれる人のみを

あなたのそばに置くようにしてください。

あなたが人を見るときは

あなたがこれ以上傷つかないために

あなたへの思いやりが

本当にある人間だけを選ぶようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする