自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は自分を安っぽく扱ってはいけない

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

自分を安っぽく扱ってはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人の特徴に

とてもやさしすぎる、

というものがあります。

これは、本人も周りの人も

気づかないことが多いのですが

優しすぎるがために

相手に気を使っていることを

分からせないようにして

自分を捨ててまでも

相手を気持ちよくさせようと

しすぎています。

それってTiaraは

とても素晴らしいことで

素敵なことだと思うのですが、

残念ながら、

周りの人に気を使っていることすら

分からないように気を使っているため

周りの人から気づいてもらえません。

そして、

そんなあなたが気を使いすぎているほど

相手のことを思いやっているのに

その周りの人から

ぞんざいに扱われる、ということが

起きやすいです。

これは、相手が普通のひとでも

そうだと思うのですが、

相手がもし、

自己愛性人格障害のひとだったとしたら

大変なことになります。

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの優しすぎるほど

優しいところが

とても大好きです。

だってとても都合よく使えるし

自分にとって絶対に信頼できる相手だし

いらなくなったら

簡単に悪者にすることができて

しかもそれでも何も言わない

と踏んでいるからです。

そして、もし少しでも

自分の読みと違うところが

あなたにあったとしても

とてもコントロールしやすいです。

自己愛性人格障害のひとの

素晴らしいところを見せれば

あなたは簡単に彼を信用しますし

喜んでなつき、

彼に寄り添おうとします。

そんな女の子がモテる、と

書いてある記事をとてもよく見かけます。

たしかに優しくて従順な女の子を

好きな男の人は多いと思います。

ですが、あなたばかりが寄り添っていて

彼があなたに寄り添っていないことに

気づいていますか?

あなたには他人を思いやる力はあっても

自分を思いやる力がありません。

自分を大切にしていないと

後から

大変なことになるのです。

もう少し、自分の気持ちに

耳を傾けてみてください。

あなたにも魅力はあるはずです。

そこに気づいて自信を持っていますか?

あなたの大切なものを否定するような人と

ずっと一緒にいてはいけません。

あなたの大切なものを否定するような人は

あなたのことを

切にしていません。

あなたとの約束を

大事にしてくれていますか?

あなたの気持ちを

大事にしてくれていますか?

あなたをあなたの友達や家族を

大切にしてくれていますか?

自己愛性人格障害のひとは

普段はとてもやさしい言葉をくれます。

ですが、それに現実が

ともなっているでしょうか?

自己愛性人格障害のひとの特徴に

初めはとても素晴らしい経験をくれますが

だんだんとそれが

いつの間にかなくなっていく

という特徴を持ちます。

そしてそれは年単位という

膨大に長い時間をかけて

行われます。

たしかに普通のひとでも

初めのころはいろいろなところに

連れて行ってくれたり

美味しいものを食べに

連れて行ってくれたりするでしょう。

でもそれが付き合い共に

だんだんとめんどくさくなり

プレゼントの質が落ちていったり

お出かけする回数が減ったり

することも大いにあると思います。

ですが、あなたに何かあったりすれば

飛んできたり

あなたに対する愛情は

変わらずある、と感じる出来事があるはずです。

でも、自己愛性人格障害のひとは

何かが違うのです。

それは、人に話しても

分かってもらいにくいことでも

あなたなら分かると思います。

何かがおかしい、と。。。

Tiaraには年頃の息子が二人いましたが

彼らのことを考えるよりも

自己愛性人格障害の彼に振り回されていて

彼のことで悩む時間がとても多かったです。

自己愛性人格障害の彼は

2人の息子ととても仲良くしてくれましたが、

彼らのいないところで

彼らのことをバカにすることもありましたが

Tiaraがそれを許しませんでした。

Tiaraのために一緒に家を出てきてくれて

Tiaraを支えてくれてた息子のことを

冗談でもバカにすることは

Tiaraには我慢できなかったのです。

彼はそのことにすぐに気が付いて

彼らのことをバカにすることは

2,3回でなくなりました。

ですが、Tiaraのことで困っている

ということを

息子たちに言っていたことが

あったようです。

息子たちもTiaraに対する愛情が

大きいと思いますので

Tiaraをバカにするようなことは許しませんが、

Tiaraとうまくやっていきたいのに

Tiaraの考え方などで困っている

といえば

Tiaraと彼に

うまくやっていってほしい子供たちとしては

真剣に彼の話を聞いていたことでしょう。

これ以上彼といたら

いずれは

子供たちのTiaraへの信用は

なくなっていたのかもしれません。

Tiaraのためを思っている人が

子供たちとの仲を壊すようなことをするはずが

ありません。

それでもTiaraは彼を信用していましたので

彼のことを子供たちに悪く言う事は

ありませんでした。

もちろんTiaraも彼と子供たちに

仲良くなってほしいから

していたことです。

ですが、このことで余計に

原因がTiaraのほうにある、

と子供たちに誤解されていたことも

あったと思われます。

ただ、いくら口がうまくても

ずっと一緒にいたTiaraの愛情が

彼の言葉でごまかされることは

ないので、

彼にはそこまではできなかったのでしょう。

あなたの相手への思いやりが強すぎると

あなたをかばっていない彼の言葉が

信用されてしまうことは

多々あります。

きちんと真実を見て

自分を守ることをしなくてはいけません。

あなたの愛情は

まず自分に向けてください。

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分への思いやりが足りません。

普通の人にこんなことを言ったら

あなたは自分のことしか考えていない人間に

見えると思いますが、

Tiaraは、あなたが自分のことを差し置いて

周りの人のことを考える人だと

知っていますので

あなたに自分を一番に

大切にしてもらいたいのです。

自分を大切にしない人は

周りからの信用を失います。

まずは、あなたが

あなたを信じてあげることが

大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする