自己愛性人格障害のひとは、だれよりも深い愛を欲しがっている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

誰よりも深い愛を

欲しがっているということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害とは

極端に自尊心の低い病気です。

あまりにも低すぎるため

本当は心の底で

自分は生きている価値のない人間と思っていて

そのことにものすごく極端な

恐怖心いだいています。

そしてそれを隠さないと

生きていけないほど

恥ずかしいと思っているので

無意識に全力で隠しています。

自己愛性人格障害のひとは

魅力的な人が多いですが

それは極端な自尊心の低さを

全力で隠していることから

逆に立派な人に見えるようになってしまうほど

魅力的な人間を全力で

演じているからなのです。

ですので、自己愛性人格障害のひとは

常に極端に疲れています。

テンションが高く見えるのも

テンション高く魅力的な人間に見えるよう

かなり無理をしているからなのです。

そして

這いつくばるほどぺったんこに潰した被害者が

それでも自己愛性人格障害のひとに

すり寄ってくることを求めています。

ですから、あなたが彼に縋り付くと

彼はうれしいのですが

それが極端に求められないと

満足できないので

それでもつぶして

つぶされてもすり寄ってくる

あなたを求めます。

周りから見たら

本当にひどいことをしているのですが

自己愛性人格障害のひとは

それほどの愛を向けられても

まだ足りないほど自尊心が低いのです。

そしてそのことにとても苦しんでいて

あまりにもひどいことをしているのに

まだ自分のことを被害者だと思って

悲しんでいます。

自己愛性人格障害にも程度がありますので

みんなが同じ症状ではありません。

まだ症状が軽く

なんとなく自分でひどいことをしている自覚を

している自己愛性人格障害のひともいますし、

おそらく

Tiaraの元彼は、そのことに気が付いていて

自分がこれ以上ひどいことをしそうになると

自分から離れようとしていたように感じます。

今までの彼女の話を聞いていても

「好きだから離れるんだ。」と

悲しそうに言っていたこともあります。

今考えてみたら

おそらく彼は気づいていて

これ以上彼女を傷つけたくない、

と思っていたのでしょう。

ですが、歳をとればとるほど

ひどくなるのですが、

相談者の方が

本当にひどいことをされているのに

まだ一緒にいようとする

自己愛性人格障害の方も

大勢見えます。

本当は

自分が極端な愛を求めているのです。

その場合は、

被害者の人がそのことに

できるだけ早く気づき

できるだけ早く離れなければいけません。

自己愛性人格障害には

程度がありますが

ひどければひどいほど

自覚がないのです。

あなたが自分の身を守るためには

自分で気づいて離れなければ

とても危険だということを

知っておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする