自己愛性人格障害のひとは若いうちなら治る可能性がある

こんばんは♡

 

今日は、あなたの彼が、まだ若いうちなら

自己愛性人格障害は治る可能性がある

ということについて

お話ししたいと思います。

 

たまにコメント欄からだと

あなたが使っているメールアドレスによって

返信できないときがあります。

 

 

すべてではありませんが

そんな時はブログに書くので

参考にしてみてください。

 

まだお付き合いをしていない段階で

あなたの彼に自己愛性人格障害の

疑いがある場合は

お付き合いをすることを

あまりお勧めできません。

 

 

ですが、自己愛性人格障害は

30代前くらいまでなら

早めに気づいて治療をすると治ることが

あります。

 

ましてやまだ10代だった場合は、

自己愛性人格障害の言動が見られる場合は

まだお若いのでまだまだ変わる可能性が

ありますし

若いから相手の気持ちも考えずに行動する、

といった場合もあります。

 

それくらいの年齢ですと

まだまだ変わる可能性がありますので

自己愛性人格障害とは

判断できないでしょう。

ただ、素質は持っているように

見受けられますので

まだお付き合いをされていないのでしたら

少しづつ彼から心を

話していったほうが

いいのではないかと思います。

 

自己愛性人格障害の

ターゲットになってしまい、

彼の言うことを聞き続けると

幸せな時もあるかと思いますが

だんだんにモラハラ行為は強くなり

エスカレートします。

 

そしてなかなか別れられなくなるため

お付き合いも長くなってしまうでしょう。

 

 

あなたがまだお若いなら

出会いはまだまだたくさんあります。

 

何もそんな嫌がらせをするような彼を

持つ必要はないでしょう。

 

一緒にいれば、

だんだん彼のことは好きになるでしょうし、

若ければなお、

ショックは大きいと思います。

 

お付き合いをする前なら

逃げることもできますので

彼が何をしても

相手にしないようにしましょう。

 

彼の誕生日に彼からプレゼントを催促されても

あなたの誕生日に

プレゼントをいただいていないのなら

彼からの嫌がらせの可能性があります。

 

あなたがもらえないことに

ショックを与えるために

あなたが彼のことを好きな気持ちを見抜いて

わざと催促していることも考えられます。

 

 

大好きな彼から

プレゼントを催促されると

私のプレゼントが欲しいのかな?と

あげるほうでもうれしくなると思います。

 

 

あなたのその気持ちを

嫌がらせの道具に使っているのです。

 

誕生日プレゼントも

「わたし、もらってないよ?」というか

「そうだね。もうすぐ誕生日だね。。。」

と軽く流し

贈らなくてもいいと思います。

 

 

彼のことを好きなら

あげたい気持ちもあるでしょうが、

そのあとのショックを考えたら

あなたにショックを与えるために

プレゼントを欲しがるような人を

あなたは好きだと思えますか?

 

あんたは彼に喜んでもらいたくて

プレゼントを贈るのではありませんか?

 

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

相手からプレゼントをもらっても

うれしくないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

基本、考え方が、どちらが

勝ちか負けか、上か下か、

支配される側かする側か、

ということにこだわっているだけです。

 

あなたが素敵なプレゼントを選べば

あなたに負けたと思い

機嫌を損ねることもあります。

 

または、あなたが素敵なプレゼントを

選べば選ぶほど、

自己愛性人格障害の彼は

あなたの攻撃という風にしか

素敵なプレゼントをくれるあなたを見ることができません。

 

 

それくらい自分の価値に

こだわっているのです。

 

 

それか、自分はあなたからプレゼントを

もらいながら

あなたにはプレゼントをあげない、

という形で満足する場合もあります。

 

 

それくらい異常な心理を持つほど

自尊心が低くて

自分を持ち上げることに必死なのです。

 

自己愛性人格障害のひとの心情さえ

理解できれば

悔しい思いも辛い思いもしなくなります。

 

自己愛性人格障害とは

そういう病気なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください