自己愛性人格障害の彼と戻るたびにモラハラが強くなっていくわけとは?

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の彼と別れたとき

もとさやにもどるたびに

モラハラが激化していく理由について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の彼と

つきあっていると

定期的に別れ話になるのですが、

別れたあとふと彼から連絡が入ると

嬉しいですよね。

話している間に

いつのまにかもとに戻り

楽しい気分になってくると

彼からまた「会いたい」と

言われます。

この前はあんなに怒っていたけど

やっぱり離れると寂しいのかな?

とあなたも思ってしまい

彼と会いたいばかりに

彼を許してしまいます。

ですが、彼ともとさやにもどるたびに

モラハラ行為が強くなっていることに

あなたは気づいていますか?

もし、あなたが自己愛性人格障害の彼と付き合って

何年もたっている場合、

彼の嫌がらせ行為が強くなってませんか?

自己愛性人格障害の人の別れは

一種の嫌がらせ行為です。

あなたを不安にさせるために

わざわざしています。

そしてあなたが苦しんだり、悩んだり

するところを見ていて

高揚しています。

あなたが彼を求める心情に

自分の価値を見出しているのです。

それが見たいために別れ話をしているのです。

だから自己愛性人格障害の人の

別れ話は本当に

別れるつもりはありません。

そしてしばらくすると

あなたと連絡をとり、

あなたが自分を求めるか試しているのです。

[ad#co-1]

そしてあなたが彼と元に戻ることを

望むと、さらに少し

嫌がらせを強めてくるのです。

いろいろな相談をお伺いしていると

彼の嫌がらせが強くなる期間には

個人差があるのですが、

もともとの彼の病気の程度が強い場合と

あなたが彼をどの程度許すかによって

付き合いだして激化するまでの期間が

早いか長いかが決まります。

あなたが弱ければ弱いほど

激化は早く訪れますし、

彼の自己愛性人格障害の程度が強い場合も

付き合いだしてすぐにモラハラ化しています。

そして意味も別れているにも関わらず、

あなたが彼をすぐに許してしまっている場合、

彼はよりあなたを支配でいると思い

自分の中の憂さ晴らしにあなたを使います。

だから、すべての自己愛誠意人格障害の被害者が

同じように攻撃されているわけではないのです。

しかし、自己愛性人格障害の人の脳には

一定の考え方の癖があり

許されれば許されるほど

モラハラ行為はつよくなるのです。

だから、

自己愛性人格障害の被害者を見れば

どの程度あなたが弱いか分かりますので

あなたが、自己愛性人格障害の彼から

攻撃を強められていればいるほど

早く彼の元から引き離してあげないと

危険なことになるのです。

このときに一番ポイントになるのが

自己愛性人格障害の彼からの

マインドコントロールの具合によるのですが

あなたが彼から離れたくない、

という気持ちが強いほど

自己愛性人格障害の彼から

離れることが辛くなります。

ですが、その状態は非常に危険で

彼からの虐待を強めてしまうという

悪循環になってしまうのです。

あなたが、自己愛性人格障害の彼から

受けている虐待が強ければ強いほど

彼の優しさを手放したくないという思いに

縛られてしまいます。

あなたの状況を、できるだけ

客観的に判断し、

これ以上一緒にいても

辛いだけだと判断したときには

すでに末期に入っている時期だと思われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする