自己愛性人格障害の人のやり方は否定と拒否

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

否定と拒否について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

自分から惹きつけておいて突き放す、

ということを繰り返し行います。

そしてそれは

その人を潰すことになるのですが

自己愛性人格障害の人は

そんなことを考えてはいません。

自己愛性人格障害の人は

極端な考え方しかできないので

勝つか負けるかしかありません。

相手がなにもする気がなくても

自分が負けるかもしれないと恐れて

全力でつぶしてきます。

自己愛性人格障害の人は

考え方が両極端に広がっていて

中間がないのです。

だから怖いのですが

自己愛性人格障害の人の恐ろしさを

消すには

考え方を中間の普通にする努力が

必要ですが

中間が分からないので

そんなことしようと思いません。

ま、いっか、と許す気持ちや

水に流す気持ちは

あなたではなく

自己愛性人格障害の人のほうが

持たなくてはいけないのです。

例えば彼から熱烈に

あなたを口説いてきて

別れ話を出すという行為は

典型的です。

惹きつけておいて

あなたを拒否するのです。

そしてまた惹きつけて

また突き放します。

惹きつけて拒否をし、

あなたから自信を無くさせるのです。

これを繰り返ししだしたら

自己愛性人格障害だと思って

まず間違いないでしょう。

あなたが

自己愛性人格障害に

狙われたくなかったら

まず自分に自信をつけることです。

あなたは

自己愛性人格障害の彼が言うほど

劣ってはいません。

魅力的な部分を持っているのです。

そして自己愛性人格障害の人は

その魅力に

最初は惹きつけられていきますが、

だんだんとそのあなたの魅力にも

嫉妬をし出すのです。

初めてお付き合いをした彼が

初めての彼だった場合は

気づきにくいかもしれませんが

あなたには人を引き付ける魅力が

あります。

そして謙遜もしてはいけません。

普通の人は

謙遜だということが分かりますが、

自己愛性人格障害の人は

共感力というものがないため

自分を低くいって相手を立てる、

という行為そのものが

理解できず、

本当にあなたが下だと思い込みます。

もちろんへりくだっても同じです。

彼は目にしたものを

そのままにしか

とることができないので

本当にあなたが低い人間だと

思います。

それを

自己愛性人格障害の人にみせることが

どんなに危険なことか

想像することができます。

絶対に自分が低い人間だと

思われてはいけないんです。

女性の強さとは凛とすることです。

女性の凛とした優しさを

身につけましょう。

女性の強さは何も

本当に強い必要はありません。

自分に信念をもって

自分を信じていれば

それが自信につながります。

そして本当にどんどん自分に

自信を付けるよう

自分の中身を磨いていってください。

あなたが自分に自信を

持つようになれば

彼から突き放されたとしたら

彼が突き放すことが妥当なことなのか

判断することができるでしょう。

嫌なことをされているのに

無理にすがることも

なくなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする