自己愛性人格障害の人の怒りの原因は?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

何気に自分の印象を

周りの人に作っている、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

何気なく過ごしているようで、

常に自分の印象作りを

周りの人にしながら過ごしています。

あなたから見て、

時には、いい人に見えるように自然にふるまい、

時には、逆らってはいけないオーラを出しながら

何気なく脅していたり、

めちゃめちゃおおらかな人に見えるように

印象づけるために、大声で笑っていたり

さっぱりした人に見えるように

「そんなこと全然気にしないよ?」と

明るくいってみたり。。。

自己愛性人格障害のことが

分かるようになってから特に、

分かるようになりました。

あ、今は怖がらせとして

無表情を作っているな、

とか、いい人に見えるように

街中で

おじいちゃんに親切にしてみたり。。。

初めの印象と全然心の中は

違っていた、と気づいたときから

自己愛性人格障害の人が

何をしていても怖くなくなりました。

怖がらせようとしていて

言っているだけで

その言葉の中には本当のことなんて

かけらもない時があります。

気にしなくてもいいんだな、って

分かるようになりました。

つじつまが合っていて

信念があることが何一つないんです。

自己愛性人格障害の人は、常に

辛い状態で生きているのです。

すべてどう見えるかにかかっていて

それに必死なんです。

結局すべて終わったときに

楽しかったことも

怖かったことも、二人で思いを寄せ合ったと思ったことも

すべてあなたの思いとは

少し違ったところにあるのですから。

自己愛性人格障害の外堀だけ固めた姿や

言葉を聞いて

好きになったり怖がったり

真実の愛だと感動していたり

していたのです。

彼の中には

自分がどう見えるか

そばにいる人よりも

上か下か、

勝ちか負けか、しか

興味がないのですから。。。

それも、自己愛性人格障害の人も

無意識のうちに

必死で演じてしまっています。

あなたが自分を取り戻すためには

あなたが悪かったわけではなかったことや

彼はそうやっていないと生きていけないから

そうしているだけ

とわかったって楽になれるのです。

それまでの不可解な彼の言動は

あなたを責め立てることが目的で

彼の言っていることが重要ではないのです。

あなたが悪いから

彼を怒らせているわけじゃなく

彼の中にもともとあるおなかの中の怒りを

あなたにぶつけただけなのです。

自己愛性人格障害とは

自分の中の怒りを人のせいにすることによって

少しでも楽になろうとしているのですが

その怒りは自己愛性人格障害の人の

育ち方からきているものなのです。

自己愛性人格障害の人は

親にどんな感じで育ててもらったのか

一度聞いてみるといいと思います。

それが、自己愛性人格障害の人の

おなかの中の怒りの原因だからなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tiara しぇりー より:

    私は、自己愛と思う人が、自分の母と、職場にいるので色々調べているうちTiaraさんのブログに出会えました。専門書も読みましたが、Tiaraさんのブログが分かりやすく、とても役に立ちました。
    私は間違いなく共依存で、ターゲットになるタイプです。対処法も会社でやってみようと思います。
    私の場合、実の母が自己愛(診断はされてませんが間違いないと思います)なので、本当に苦しみました。子供が中学生と2才だった時に、母と頻繁に会う機会が増え、自殺をしようかと仕事の帰りに『どこへ姿を消すか』ばかり毎日考えるまでになり、子供がいるのにこれではダメだ、とカウンセリングにいき、母とはこちらから連絡をたちました。少しずつ回復してきてますか、母の事を考えない日はありません。
    Tiaraさんには理解していただけると思いますが、私の子供の頃はとても辛い思いをして育ちました。激昂、(今でいう)ネグレクト、面前DV。
    Tiaraさんは恋愛のことで書いていらっしゃいますが、恋愛以外のめんでもとても役にたって助かります。これからもよろしくお願いします。
    私は子供たちのためにめ、自分の自尊心を取り戻すところから、Tiaraさんのぶろぐをさんこうにしながら、頑張っていこうと思います。

    • Tiara Tiara より:

      しぇりー様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      しぇりーさんのお母様と会社の方が自己愛性人格障害だということでたいへんお辛い思いをされていると思います。
      会社も毎日行くところですし、お母様も血縁関係でもっとも身近な存在なので本来ならば、頼りたいところですが
      自己愛性人格障害だと本当に話になりませんし、しぇりーさんをことごとくつついてくると思います。
      お辛いでしょうが縁を切ったのは正解だと思います。
      嫌な思いをしてどんどん卑屈になるくらいなら、他人でもしぇりーさんが落ち着く関係のほうが、しぇりーさんのためにいいと思います。

      自己愛性人格障害の親のせいで自分が被害者対すつに育ってしまいますので、できるだけしぇりーさんが心地よくいられる人と
      すごしていただき、できるだけしぇりーさんのことを大事にしてくれるそばにいるほうが大事にされるしぇりーさんが育ちますので
      付き合う人はこれからは選んでいきましょうね。
      自分を大事にすることからはじめてみてください。

  2. Tiara こばると より:

    はじめまして

    境界性人格障害の高機能型の彼女と別れてもうすぐ1年です。
    別れてから、他の人とも付き合いましたが長続きしませんでした。

    彼女は、私の欠点や言い間違いや些細なミスを突いてきます。
    かなり前の事も覚えていて言葉尻をとらえて逃さず的確に突いてきます。
    そして、私がそれに動揺するのがうれしいみたいで
    怒っていたのがうそのように、最後はいつも満足げな顔で微笑んでいました。
    怒るときの暴言や攻撃性が非常に強いです。人格を崩壊させるほどです。
    その反面、私以外の人に対しては天使のように振る舞い、取り巻きが非常に多いです。
    同性の友達はいないし、彼女もいらないと言い放ちます。
    でもいい人を演じることで、彼女自身が疲弊しているようでした。

    境界性と自己愛の境目って明確に判断できないんだなとやっぱり思います。
    人それぞれ、特性というか個性があるのと同じで、人の数だけある気がします。
    しかしこのブログを読んで境界性だけでは解決しなかったことも、当てはまることが多くて、納得がいくことも多いです。

    私はこのブログを見て、彼女と会いたい気持ちや淡い期待を打ち消すことが出来ています。
    戻っても、もう駄目なことはわかっているのでブレーキになってます。
    もう1年も経つのに、まだ毎日のように彼女の事が脳裏に現れます。
    やっぱり普通の恋愛とは違いますね・・・
    tiaraさんが毎日のように更新されてるのを見て、tiaraさん自身もブログを書くことによって自分を落ち着かせている気がしてならないです。

    友達も仲間も全部奪われて、彼女に対して憎しみが強かったんですが、
    彼女自身がどうしようもできないんだという事がわかり、最近は許しの気持ちが出てきました。
    憎むと胸がざわざわして自分がおかしくなりそうですが、認めるというか諦めるというか
    そういうものだと仕方ないんだと思うと彼女に対してやさしい気持ちになれます。
    それでも悔しさや憎さは完全には消えませんが、徐々にその割合が変化していけばいいなと思ってます。

    更新は彼を思いだすことも多いでしょうし、大変だとは思いますが
    無理せず続けてほしいです。
    書いてくれた事感謝します。

    • Tiara Tiara より:

      こばると様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      こばるとさんの元カノさんが境界性人格障害の高機能型だったということで、大変苦労されたと思います。
      分からないうちは本当に辛いですが、分かってみると少しは納得できたのではないでしょうか?
      分からない間は境界性人格障害の人の攻撃は心が委縮してしまいますよね。境界性人格障害だと分かってよかったと思います。
      人格障害とはほかの障害も併発している可能性は高く、この組み合わせによっても性格はいろいろ変わってきます。
      自己愛性人格障害も混じっていると、どうしても相手よりも上に立たないと気が済まないので訳の分からないことで、責められたりもしたでしょう。
      自己愛性人格障害の人は、みじめな自分を全力で隠そうと尊大な自分を魅せつけるよう、つねに必死で努力しているので
      普通の人よりも疲れるのかもしれません。
      元カノさんの心も少しでも落ち着けるといいですね。
      境界性依存症も幼いころに大変つらい思いをしています。
      そのように育ってしまったので、自分では普通だと思っているのです。
      でも、なぜこのように必死で努力してしまうのか、なぜこんなにも傷つきながら生きているのか
      分かっていないと思います。
      元カノさんも境界性依存という病気で本人は悪気は全くないのです。
      それは遠くから理解して遠くから彼女さんの幸せを祈ってあげてくださいね。
      関わってしまっては絶対にいけません。

      でもそんな彼女さんと離れたことは、こばるとさんにとってもよかったことだと思います。
      後は心の整理と新しい一歩です。
      Tiaraのブログもできるだけ分かりやすく更新していきますので、参考にしていただき、
      自分の心を落ち着ける材料にしていってくださいね。