自己愛性人格障害の人から見えている世界

こんにちは♡

すいません。

メールの返信が全然追いついてません。

皆さん本当にそれぞれ違った経験をしていますし、

深刻なケースも数多くあります。

むしろTiaraに連絡を取ってくる方は

ほとんどの方が深刻な方が多いです。

気になる人も何人かいるのですが、

順番にお応えしていきますので、

もう少しお待ちください。

とはいえ、Tiaraも経験者ですので

すぐにでも聞いてほしい気持ちは

痛いほどわかります。

なのでブログでみなさんに共通した情報を

お届けしていきますので

少しでも落ち着きを取り戻してくださいね!

今日は、自己愛性人格障害の人との

気持ちの交流について

お話ししたいと思います。

みなさんに共通して思うことですが、

自己愛性人格障害の人との恋愛に

薄っぺらいものはありません。

けっこう驚いたことがあったのですが、

相談者の方から、

もう何年も彼の恋人だったのに

周りの人には全く伝わっていなかった、

というお話がとても多く、

中には愛人だと思われていた、

という方も見えました。

Tiaraも思いっきり、

毎日のようにTiaraのお家で

子供たちと家族のようにご飯を食べたり

Tiaraの両親とも年末年始や普段も

ちょこちょこ一緒にご飯を食べようと

提案してもらったり、ご馳走してもらったりして

本当に家族同然に付き合ってきました。

近所の方も旦那さんだと思っていた人も

ちらほらいたくらい

深い付き合いをしていたのですが

向こうの両親や会社の人には

Tiaraと付き合っていたことをいっさい

言っていなかったのです。

それは別れるころにしか

まったくわかりませんでした。

また、ほかの相談者の方で

完全に周りの方からはシャットダウンされた

パラレルワールドの中にいました、などと

コメントを頂いたこともあるのですが、

とても深い付き合いをしていたにも関わらず

周りの人からは

まったく見えない世界だったのです。

ですが被害者の方のお話を聞いていると

本当に強い絆で結ばれているというか

被害者の方はそう思っている方がほとんどで

とても深い付き合いをしている人がほとんどです。

それくらい、濃い付き合いをしていて

フッと何事もなかったかのように

連絡が途絶えてしまったり

突然別れようと言われてしまったり

完全に無視をされてしまうので、

被害者のショックは相当なものです。

別れた後に自分の気持ちを整理することが

なかなかできないと思います。

結論から言えば、

それがむしろ自己愛性人格障害の人の特徴で

どうして?という

理由はないのです。

子供たちやTiaraに素敵なプレゼントを

イベントのたびに用意していたのも

両親に「よかったら食事ご一緒しませんか?」と

声をかけてくれたのも

Tiaraたちは本当にうれしかったのですが、

自己愛性人格障害の人の尊大な自分を見せている

1つに過ぎないのです。

被害者側は、その尊大な自分のつなぎ合わせで見て

素敵な人、だと思い込むのですが、

実は、自己愛性人格障害の人には

つながりがなく、

その場その場で一番都合のいい自分を

見せているにすぎないのです。

そして誰も見ていないところで

あなたを理不尽に責め立てたり

あなたが悪い理由を作って

あなたを簡単に捨ててしまうのです。

あなたは彼のことを真剣に考えて

寄り添っていたので

とてもショックが大きいのですが

自己愛性人格障害の人には

それが分かりません。

心がないのです。

だから自己愛性人格障害という

ありえない状況にある人が存在する、ということを知った今、

悲しんでも仕方がありません。

彼はロボットと同じなのです。

そして自己愛性人格障害のひともまた、

自分の無価値観に苦しんでいて

それを何とか打ち消そうとして

人を潰してしまうのです。

そんなことはないよ、と

自己愛性人格障害の人にも言ってあげたいですが

それは感覚として理解することができないので

自己愛性人格障害の人を

怒らせてしまうだけなのです。

本当は怒るような出来事は起こっておらず

心の中に怒りをかかえた人間に

それを分かってもらうことは

不可能です。

手術でもして

その怒りをポンと出してあげることができるのなら

自己愛性人格障害の人は

今までしてきたことを悔やむと思います。

それでも心の病気は体の病気と違って

そんなに簡単に解決することはできないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする