自己愛性人格障害の人は、あなたを苦しめるためにあなたのそばにいる

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の彼が、

初めはとても幸せだったのに、

なぜかだんだんと精神的虐待を強めていくのにどうしてあなたが気づかないか、

そして周りの人も気づかないかについて

お話ししたいと思います。

 

まず自己愛性人格障害の人との

恋愛において

あなたのほうから彼を口説くことはまずありえません。

 

よっぽどあなたがきれいで

彼の目の前に現れて彼が一瞬で魅せられてしまった場合は

ないこともないのですが、

基本、相手から指示されることを認めないのが

自己愛性人格障害の特徴ですので

彼の言うことをあなたが受け入れる、という形が

自然でしょう。

そして熱烈に彼のほうからいろいろとあなたの気を惹くことを仕掛けてきて

どんどん彼のペースに乗せられていって

あっという間にあなたの心を

虜にすることができます。

 

そして熱烈にアプローチされて

完全に彼のことを信用しきるまでは

何年も彼のいいところを見せられるので

自己愛性人格障害の人のことをだんだんと信用していきます。

 

そして結婚した後や子供が生まれた後まで

完全に出さない自己愛性人格障害の人もいると言われますが

モラハラが激化するまでは

気づかず、本当に幸せな時を過ごすでしょう。

 

そしてだんだんと少しづつ、虐待を強めていくのですが

付き合っている間にもちょこちょこ出る人が多いように思います。

 

その時になんとなく彼に違和感を感じる人は多いと思います。

 

Tiaraも何度か、彼に会話をスルーされることが多く、

ん?と思ったり、意味の分からない別れ話でなんとなく彼に

違和感は感じていました。

その段階で気づけばいいのですが、

ほとんどの場合気づかず、ちょっとしたこととして

(ま、いっか)とスルーしてしまうため、気づかず、

あなたが完全に信用しきったころに容赦なく

むごいやり方で

落としめられていくでしょう。

 

それでも彼は

そんなことをやる気でしているわけではなく、

どうしてもその自己愛性人格障害という心の病気のため、

あなたを落としめて自分が優位に立たないと

落ち着いていられないのです。

 

やらなければ、あなたにやられてしまうと

半ば恐怖の中、

どうしてもしてしまうのです。

 

あなたが何もしないよ、といっても

あなたと幸せになりたいだけだよと言っても

彼には通じないでしょう。

 

どうしてもそうしてしまう心の病気なのです。

 

あなたは、彼があなたに好きだよと言ってきて

劇的にあなたを手に入れたので

彼が自分のことを幸せにしてくれると信じていることでしょう。

 

虐待しているなんて思いたくないのです。

 

自分のことを好きだと言って近づいてきた彼を

信用しないなんてことできません。

 

彼から離れたくなくて必死になっているから

苦しいのです。

 

虐待をしてもあなたが離れなければ離れないほど

彼は、あなたへの虐待を強めていきます。

 

彼はあなたを苦しめるために

あなたのそばにいます。

 

まさかそんなことをする人間がいるとは

あなたも思っていないのでしょう。

 

あなたに安らぎを与えてくれる人でも

あなたに安定を与えてくれる人でもないのです。

 

 

彼が自己愛性人格障害だと気付いているのなら

思い切って全力で、

彼から離れてみましょう。

 

彼と一緒にいた環境は

すべて失ってしまうかもしれませんが、

驚くほど穏やかな日々が待っています。

 

彼と一緒にいることがあなたのためになるのか

よく考えてみましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください