自己愛性人格障害のひとが突然不安定になるとき

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

突然不安定になるときについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の彼と

付き合っていると

彼の様子がアップダウンしたり

とても不安定な関係になると思います。

上手く行っていたと思ったら

突然別れ話を言い出す、なんていうことも

日常茶飯事だと思います。

本当に彼は別れるつもりなんでしょうか?

という質問や

彼がまた戻ってきそうな気がします

というコメントは

毎日のようにいただいています。

この不安定な感情は彼自身にも

分からないのです。

あなたと別れる、と言い出し、

辛くても別れを飲むことを

自分の中で消化し始めると

彼から突然連絡が入り

「別れたくないんだ。」という出すことも

本当によくありますので

あなたは揺らいでしまいますが

これがまさにマインドコントロールで

あなたが彼を忘れられない理由になります。

彼のことが本当に好きなのではなくても

気になってしまい、

期待をかけてしまうような言葉を告げて

あなたを揺らがせます。

これは恋愛テクニックというより

もう精神的な拷問です。

そしてあなたが彼を心配になり

支えてあげようとか

彼のことばかり

気にしだすタイミングを見計らって

「あなたとはもう会わない。」と言い出したり

連絡がつかなくなったりするのです。

いったんは別れを受け入れたあなたが

また彼のことが気になってしまうように仕向け

そして姿を消すのです。

今のTiaraは

自己愛性人格障害の

このような習性が分かっていますので

なんてひどい仕打ちなのだと思います。

ですが、人に話しても

これが虐待だということは

分かりづらいですよね?

恋愛が絡んでいると

彼も不安だから

そんなこと言いだすんじゃない?

とか

誰だって不安定な時はあるから分かってあげなよ、

とか言われてしまいます。

自己愛性人格障害という病気があることを

知らない人からしたら

それが常識だと思ってしまいますが、

その常識をくつがえす、症状があるのです。

これは自己愛性人格障害のひとも

わざとやっているわけではなく

脳の構造上、どうしてもそうなってしまっていて

相手を苦しませるためにやっている、というよりは

自分が自己愛性人格障害という病気の症状から

抜け出すために

必死でやっていることなのです。

ですが、これは被害者にとって

とても残酷な思いをさせることになるのです。

自己愛性人格障害のひとのこの症状が

被害者からすると

何を考えているのか

分からなくなり、不安になるのですが、

また尊大な自分を魅せつけて

好かれていなければ自分が嫌われるかもしれないという

自己愛性人格障害の不安により

優しくされたり、素敵なところを見せられたりするので

また惹きつけられたりして

同じことを繰り返していくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする