自己愛性人格障害のひとは本当にひどくて怖い人なのか??

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害のひとは

怖い人なのか、

ということについて

お話ししたいと思います。

Tiaraの恋愛相談室を

訪れてくれた人と

お話をしていると

たまに

「Tiaraさんの彼ほど

怖くはないんですが。」

と言われることがありますが、

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

全然怖い人ではないです。

とてもソフトで紳士的で

大人な素敵な男性です。

自己愛性人格障害のひとは

とてもひどいことをするのですが、

そのやり方としては、

タイプにもよりますが

被害者になる人が

とても辛い思いをするのに

最後まで彼はひどい人に見えない、

ということがとても多いです。

見るからに怖いことや

ひどいことをする人は

周りの人から見ても

すぐにばれてしまいますので、

取り巻きを作ったり、

ファンを作ったりということは

とてもできません。

ですから、自己愛性人格障害のひとは

自分が被害者であるという立場をとり

あなたの罪悪感を責め抜く

という方法を使うのです。

しかも被害者になる人のほうが

なんでも自分が悪いと思い込む

性格の人が多く、

彼からのこじつけの怒りを

ぶつけられたときでも

自分が悪いと思い込み

「ごめんなさい。

許してもらうには

どうしたらいいの?」

と自己愛性人格障害のひとに

尋ねてしまうほど責任感が強く

そして自己愛性人格障害の彼を

崇拝していることが多くあります。

そのため、周りで見ている人も

案外、人のことはどうでもいいので

なんとなく

ざっくりとしかみていないので

「なんか分からないけど、

あなたが悪いのね。

だってあなたも認めているじゃない」

と思ってしまい、

あなたのことを責めてしまうので

自己愛性人格障害のひとに

あなたがどんな風に扱われようと

仕方がないな、と思って

ほっておいても平気です。

意外と世の中は

ひとのことだから

ほっておく、というひとが

とても多いのです。

そのため、自己愛性人格障害の彼は

あなたにひどいことをされた

かわいそうな被害者、

という立場を演じることによって

周りのひとは

その中身をきちんと調べようともせずに

あなたが悪いと思ってしまうひとが

多いのです。

自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまうような人は

どれだけ誠意的に彼と接していても

自分が悪者になってしまうので

とても辛くなってしまいます。

悪いことをした覚えがないはずなのに

自分が悪いと自分を責めてしまい、

自責の念にかられ

とても辛くなってしまうのです。

自分がどれだけ

誠意的に接していても

どんどん悪者になってしまうし

分かってもらおうと話せば話すほど

うざい存在になってしまうので

世の中が怖くなり

何も言えなくなってしまいます。

こういったことから

自己愛性人格障害のひとはあなたを

責めたり怒鳴ったり、

脅しをかけるようなことをしなくても

「あなたに裏切られて悲しい。」と

悔しそうな顔を見せるだけで

周りの同情もあなたの心も

支配することができてしまうのです。

そのために怖い表情を見せなくても

充分に被害者を追い詰めることが

できるのです。

自己愛性人格障害のひとは

優しければ優しいほど、

親切なら親切なほど、

あなたに愛を向ければ向けるほど

あなたにどんなにひどいことをしても

周りからの信用も

あなたの愛もいつまでも

惹きつけることができるように

なるのです。

だから、言葉はとてもやさしいです。

あなたのことを

とても深く愛しているように見えます。

何もしていないあなたに

「どうして俺の気持ちを

分かってくれないんだ!」と

強く責め続けます。

あなたには、そんなつもりはないので

彼の言葉には

驚くことばかりでしょう。

何とかあなたが彼のことを

真剣に思っていることを

分かってもらおうとします。

ですが、自己愛性人格障害のひとには

いくらあなたの気持ちを伝えても

彼は分かってくれません。

分かってくれない、というより

実はもともと分かろうとも

していないからなのです。

彼の目的はただ、あなたが

どうしたらいいか

おろおろ悩む姿を見たいのです。

そうやって

何もした覚えのないあなたを責め

そして、あなたも

自分のしていないことの中から

何が彼を傷つけたのかを

一生懸命に

真剣に考えてしまうのです。

自己愛性人格障害のひとの

言っていることは

ほとんどがこじつけで

あなたが苦しめばそれでいいのです。

だから、あなたがどれだけ

必死に彼に訴えかけても

彼は

あなたの気持ちを分かろうとせず、

あなたに絶望し、

あなたから離れていこうとします。

ですが、本当は

特にあなたに

何も思っていないのです。

それどころかむしろ彼は

あなたが自己愛性人格障害のひとに

全力で歩み寄ってきていることを

知っています。

それを知ったうえで

責めることをしなければ

あなたが簡単に

自己愛性人格障害の彼を嫌がり

離れていくような人だったとしたら

彼はそんなことはできないのです。

あなたがとてもやさしい人だからこそ

激しく責め立てても

あなたがどんどん彼に

寄り添ってくれることを

知っているからこそ

精神的に追い詰めてくるのです。

そんな彼が一方的に

自分の立場だけを優先する関係は

やめましょう。

あなたと彼の間に

本物の愛などはなく

それはすべて彼が

あなたを思い通りに動かしたいための

ドラマティックな演出だったのです。

自己愛性人格障害のひとの怖さは

そんな深いところにあり

表面上は

とてもやさしく深い愛情を持った

人のために尽くしてくれることの

できる

素敵な大人に見えるだけなのです。

自己愛性人格障害のひとの特徴の

臆病な所と、

尊大な自分を

魅せつけてしまうところと

人の上に立っていなければ

極度の不安に押しつぶされてしまう

という所が

不思議な奇跡を生み出して

自己愛性人格障害のひとを

美しく浮かび上がらせているのです。

だから表面上に怖くてひどい奴で

どうしようもないほど嘘つきで

自分のことしか考えていないような

人間には、まったく見えないのです。

だから、あなたも、夢中になりますし

こんなにも自分のことを

大切にしてくれる

自己愛性人格障害の彼を

離したくない、と思うでしょう。

ですが、

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

あまりに理不尽な

自己愛性人格障害のひとの

関係性を壊してしまうような特徴に

気づいたとき

表面上には見えなかった

自己愛性人格障害のひとの

本当の姿が見えることがあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする