自己愛性人格障害は治らない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害は

治らないというお話を

しようと思います。

 

たまに、

私の彼が自己愛性人格障害でしたが

治りました、というサイトを

見ることがあります。

 

治し方やお薬などを

売っているサイトも

見たことがあるのですが、

 

Tiaraは自己愛性人格障害は

治らない、

と思っています。

 

ただ、まだ年齢が若い場合は別で

もし、親や周りの人、もしくは本人が

おかしいのではないか、と

気づいたときは

自己愛性人格障害の人本人が

自覚し、治したい、

と思った場合に限り、

専門の機関によって

治ることはあるかもしれません。

 

治る、というよりは

育てなおし、と言われるものや

教育によって、

他人にも

自分と同じ感情というものが存在し、

傷つけたり、悲しませてはいけない、と

教えて、本人がそれを理解し、

人を傷つけないように

心がけるもので

本当に自己愛性人格障害の人が

その自覚があるようになるかどうかは分かりませんが、

日常生活に支障をきたさない程度まで

回復することがあるようです。

 

ただ、30代も半ばを超えると

ほとんどの場合治すことは難しいと

考えられています。

 

今まで、子供のころから

そのように生きてきたので

もう考え方が変わることは

ほぼないとされています。

 

Tiaraの彼も自分が

なんとなくおかしいことに

気づいていました。

 

俺なんかおかしいんだよ。

と言ったこともありますし、

以前昔の彼女の話をしていて

若いころ、些細なことで

彼女を傷つけたことがあると

言っていました。

 

そのあと、ものすごく後悔し、

しばらくは誰とも

付き合えなかったそうです。

 

そして、そのあと10年くらいかけて

性格を直した、と言っていました。

 

10年かけても自分の性格は

そんな簡単に変わるものではない、

本当に全力で必死で努力したんだ、

だからTiaraと

若いころに出会わなくて

本当によかった。

 

今だからこうして一緒に

いられるんだ、

と言っていたことがありました。

 

それを聞いてTiaraは

反省して必死で努力したんだな、

偉いな、と思っていました。

 

だから今はそんなに落ち着いていて

紳士的なんだ、と思っていました。

 

でも、やっぱり駄目だったんです。

 

彼も、本当に治ったつもりでいたんだと思います。

 

Tiaraと出会ってからもあった

突拍子のない行動も

きっと自分ではおかしいとは

思っていなかったんだと思います。

 

本人も自覚して、必死で努力しても

やっぱり駄目だったんです。

 

彼は自分で性格が悪いと

思っていました。

 

まさか病気だとは

思ってはいなかったと思うので

病院に行ったわけではありません。

 

自分で努力しただけだったから

かもしれませんが、

自己愛性人格障害は

そんなに簡単には治らないと

思っています。

 

Tiaraが見たそのサイトには

対処法を知っていてそれを実践したら

彼が180度変わって反省してくれて

大事にしてくれるようになった、

と書いてありました。

 

それも2年もかかっていない

ようです。

 

本当のところはよくわかりませんが、

Tiaraはもし、その人の彼が

今は、書いてあるように

彼女か奥さんのことを

大事にしてくれるようになっていた

としても

今は気を付けているからだと

思います。

 

Tiaraの彼もそうだったように

10年後は分かりません。

でも、どうしても

自己愛性人格障害の彼を治したいと 思っている人は

それにかけても

いいかもしれませんが、

Tiaraは目の前で見てきたので

治らないと思っています。

 

Tiaraの元彼も、

本当に努力したと思います。

 

本当に死ぬ気で頑張ったとも

言っていました。

 

そして20代から30代にかけて

10年ほど費やした、とも

言っていました。

 

彼が怒りをこらえているところも

Tiaraに感情をぶつけるのを我慢しているところも

何度も見てきました。

 

もう大丈夫だろうと思ったことも

何度もあります。

 

でもダメだったんです。

 

だから、本当に彼は精一杯

やってくれたと思うし

悔いはありません。

 

でも、変わらないものもあるんだなと自覚したほうが

あなたにとっても

楽なのかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください