自己愛性人格障害の人の見せつけ行為について

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

見せつけ行為について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人の

もっとも異常な行為の1つである

見せつけ行為というものがあります。

とてもそんなことをするひとが

いるとは思えないのですが、

tiaraの知る

自己愛性人格障害のひとは

ほぼ全員やっています。

そんなことあるわけないじゃん、

と友達に言うひとでさえ、

本当は知っているひとが

ほとんどだと思います。

たとえば

ダイエットを必死でがんばっている

友達の目の前で

とってもおいしそうなスイーツを

食べる、とか

彼とうまくいっていない友達の前で

彼との幸せアピールをする、

などです。

優越感を感じることが

気持ちいい、

みたいな感覚でしょうか?

本当に

そんないやらしいことをするひとが

いるのか、と思いますが

本当に露骨に何度もわざわざ

やっています。

そして、優越感を感じるだけでなく

相手が傷つくのをみて

ちょっと楽しんでいます。

自己愛性人格障害ではなくとも

こういうひととは

あまりお付き合いをしない方が

いいと思います。

自己愛性人格障害の相談で

もっとも多いものが

意味もなく被害者をふったあと

新しい恋人と、

目の前でこれみよがしにいちゃつく、

というものがありますが、

これが本当に、何度も、

わざわざやっているのです。

これを見た被害者が

おかしくなってしまうケースも

非常に多く、

まわりのひとからは

被害者のほうが、

実に哀れに見られているのです。


こういう相談を聞くたびに

思うことがあるのですが、

被害者の哀れさに目が向くひとが

非常に多く、

自己愛性人格障害の異常さは

見逃されていることが多いです。

周りのひとの心境としては

そういうことをする

自己愛性人格障害のひとが

非常に怖くて、

見て見ぬふりをしていたり、

ひどい場合には

自己愛性人格障害のひとを

誉めたりして、

ご機嫌をとるひとなども

非常に多いのです。

自己愛性人格障害のひとは

悪気があるわけではなく、

共感力がまったくないので

あなたがかわいそうだということは

まったく思いません。

彼のなかにある思いは

自分が上か下かだけなのです。

あなたが、

自己愛性人格障害のひとをみて

話したいとか優しくしてほしい、

と思う気持ちを感じて

高揚しています。

あなたが彼と戻りたいと

思えば思うほど、彼は喜ぶのです。

共感はしませんが

あなたの悲しそうな顔だとか

辛そうな思いだとかは

予想することができるので、

自分が上にたっていると思い、

満足しています。

周りで見ているひとも

彼のご機嫌をとるひとなどをみて

気分が高揚して

あなたを虐待することを

やめられないのです。

ここまでいうひとはいないので

自己愛性人格障害のひとの

やっていることが、

許されてしまっているのです。

これを聞いてどう思いますか?

あまり気分のいい話では

ないですよね。

でも、意外なことに

この状況を許してしまっているひとの

ほうが多いのです。

自分のところに来ないように

防御はしているかもしれませんが

そんな自己愛性人格障害のひとが

世の中にわりと

受け入れられてしまっています。

この事に気づいて、

自己愛性人格障害のひとに

気づかれないように、

被害者のひとを

助け出そうとするひとは

意外に少ないのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分の中の低すぎる自尊心を

保つためには

そういった虐待行為を

し続けなければ

正気ではいられません。

こんなことをしていること自体

正気ではないのですが、

尊大な自分を演じ続けているために、

隠すことに成功しているのです。

そして、被害者が非常に辛い思いをしているのですが、

離れてくださいといっても

どうしても離れられないひとが

中にはいます。

こういうときは、

自己愛性人格障害のひとが

非常に魅力的に見えている場合が

多く、

離れることも辛すぎるのです。

ですがそばにいても

辛い思いをするだけなので、

自分から離れるか、ひどい虐待に耐えていくかしかないのですが、

耐えているうちに

本当に精神が壊れてしまうのです。

そして、たとえあなたが

壊れてしまったとしても、

自己愛性人格障害のひとは

虐待行為をやめようとはしません。

むしろ、高揚して

もっとひどくなっていくのです。

これほど、怖いことはありません。

これが自己愛性人格障害のひとが

良心がないと言われている理由で

このことに気づくと、

あれほど魅力的だと思っていた

自己愛性人格障害のひとに

怖くて

2度と

近づけなくなってしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする