自己愛性人格障害のひとには普通の人に対する対処とすべて反対の対処をする

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとに対する

接し方の基本について

お話ししたいと思います。

 

被害者になるような人は

まじめな人が多く、

責任感が強すぎるために

すべて自分で解決しようとします。

 

そのため、

問題をすべて自分で

解決しようとしてしまうことにより

逃げることができません。

 

というよりも

彼と一緒にいたいあなたは

そもそも逃げようとなんて

思っていませんよね?

 

これに対して

自己愛性人格障害の彼は

あなたに

すべての責任を負わせようとします。

 

これは

自己愛性人格障害のひとは

自分で責任が

取れないからなんです。

 

結果、あなたがすべての責任をとることになり

いっぱいいっぱいになり苦しくなります。

 

でも、彼のために全力で尽くすことで

彼と幸せになれると思っているのです。

 

ところが、

自己愛性人格障害のひとは

あなたが受ければ受けるほど

どんどんあなたを追い込む力を強めてきます。

 

そしていっぱいいっぱいになっても

彼のために

すべてを引き受けようとするあなたを見て

高揚します。

 

自己愛性人格障害のつぶれた自尊心は

それくらいのことをしてもらうところを見ても

救われないのです。

彼はあなたが憎くて

そんなことをしているわけではなく

自分が楽になりたい気持ちで

必死なのです。

 

それが、自己愛性人格障害という病気で

自分のあまりにも低い自尊心のため

いっぱいいっぱいで

あなたのことを考える余裕がないのです。

 

それは全力で彼への愛により

必死で耐えてくれるあなたに

助けを求めている形になります。

 

あなたの中にも

きっと自己愛性人格障害のひとの悲しみが

なんとなく伝わり、

彼を助けたいと思っていることでしょう。

 

両者の利害関係は

一致していると言えます。

 

ただし、あなたが彼のために潰されても

彼があなたに感謝することはないのです。

 

もちろん、あなたも彼に感謝されたくて

やっているわけではないでしょう。

 

でも、いくら何でも

どんどん潰されていっても

彼のために精神を破壊するほど

潰されてもいいですか?

 

 

自己愛性人格障害とは

それくらい相手を潰してもまだ

自分の自尊心が満たされず

さらにひどいことをして

相手を潰してしまうほど

壊れてしまった精神状態のことを言います。

 

ふだん、尊大な自分を常に

見せ続けているために

責任感の強い立派な人に見えることが多い

自己愛性人格障害ですが

常に尊大な自分を魅せているため

本当の自分より

誇張してよい人間に見せています。

 

だから本当は責任なんて取れないのです。

 

尊大な自分を魅せつけるために

嘘をつくこともあります。

 

本人にそのつもりがなくても

見た目と違い

責任を取ることができないのです。

 

だからいざとなったときに

それができない理由として

最終的に言葉巧みに

あなたに擦り付けてきます。

 

そして責任感の強いあなたは

それを受け入れてしまうのです。

 

あなたが彼に寄り添い

彼を理解しようとすればするほど

自己愛性人格障害の彼にとって

あなたは都合のいい存在となり

あなたができなかったら

俺が辛い思いをする、とか

あなたにやってもらわないと困る、とか

そもそもあなたの責任にしてしまい

あなたがそれをやることが当然という

態度をとります。

 

でも、あなたは気づいていませんが

それはすべて

自己愛性人格障害のひとの責任で

あなたがとるべき責任ではないのです。

 

あなたが悪いように責め立てられることと

あなた自身も、

自分が何とかしようとしてしまうため

気づいたら

すべての責任をあなたが

とらされることになります。

 

しかも失敗もあなたの責任で

起きたことにされるのです。

 

あなたはあなたの責任も

彼の責任もとることになり、

しかも批判も不満も

あなたが受けてしまうことに

なっていませんか?

 

そんなことになるとあなたは

ただ辛いだけです。

 

そして彼から感謝をされることもなく

ののしられて悪いことも責任も

すべてがあなたにかかってくるのです。

 

そのうえでいらなくなったら

自己愛性人格障害のひとは

簡単にあなたを捨ててしまうのです。

 

あなたの彼が自己愛性人格障害だった場合、

彼のことが好きなら

あなたの感情は見せてはいけません。

 

彼が好きなら彼のことに

無関心になることです。

 

好きなら離れることです。

 

彼と仲良くしていていたいなら

仲良くしないことです。

 

そのほうが虐待もされなくて済みます。

 

自己愛性人格障害のひとに

普通の人と同じ反応をしたら

精神を潰されてしまうのです。

 

あなたが彼のことを何とも思っていないなら

ある程度は普通に接することが

できるはずです。

 

彼に分かってもらいたいなら

彼に分かってもらおうとしないことです。

 

彼と仲良くしていたいなら

恋人同士にはならないほうが

少しでも穏やかに過ごせるのです。

 

自己愛性人格障害のひととは

普通のひととは、反対のことをすると

少しでも穏やかな関係が作れると

覚えておきましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください