自己愛性人格障害の彼に恋人が複数いる場合

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼に、

新しい彼女のことを明かす心情について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の彼の

ほかの女性の存在を明かされてショックな方が

非常に多いのですが、

それも自己愛性人格障害の特徴の1つなので

あなたがショックを受ける必要はありません。

とはいえ、大好きな彼が、

あなた以外の女の子にも優しくしていた、と考えれば

相当なショックだと思います。

でもそれは、あなたが普通の心情として考えているので

ショックを受けるだけで、

自己愛性人格障害の人にとっての恋愛は

少し普通の人の恋愛と違うのです。

自己愛性人格障害の人本人も

気づいていませんが、

自己愛性人格障害の人は、彼女や奥様を、

自分を称賛してくれて自分を満足させてくれ、

同時に自分の怒りの感情を全部ぶつけても何も言わないで、

一切文句も言わずつぶされてくれる便利な道具として

だんだんに考えていくようになります。

初めからそんなつもりで

あなたに近づいたわけではなく、

だんだんに不思議とそんな気持ちになっていくのです。

その原因とされているものが、極度の自尊心のなさから耐えられず

常に尊大な自分を演じながら、

その自分が本当の自分だと思い込んで生きています。

悪いことはすべて相手のせいにして考え

自分が悪くないと考えるので、

いつも自分は正しいと自信に満ち溢れています。

もし、誰かにそれを言われ、

そのことに自分でも気づきそうになると

自分がとんでもないことをしていることに気づいてしまいますので、

耐えられません。

その恐怖から、それを教えてくれようとすると

その恐怖から逃れるために、

自分でなくそんなことを言ってくるお前が悪いと

全力でつぶしにかかるので、ただすべてを受け入れ

つぶされていくしかなくなるのです。

彼がその都度、その場で一番都合のいいストーリーを

考えるので、その都度、いくつかの

ストーリーが出来上がってしまうことがあります。

あなたとの出来事で、一番都合のいい

すてきなセリフを言ってしまったがために

恋が始まってしまい、

あなたとのストーリーがその都度、

彼の都合のいいように

彼が魅力的に見えていくように出来上がっていきます。

また、別の場面では、

また彼が一番都合のいいセリフを言ったために、

そこからまた新しい恋が始まってしまうのです。

普通なら、ここで彼がどちらかを選んで

どちらかを捨てるのですが、

もしここで、どちらにも都合のいいセリフを言う結果が

恋が進展する方向に行ってしまった場合、

全く二つの同時進行の恋が出来上がってしまいます。

それは、いわゆる普通の人で言う

浮気ですが、

自己愛性人格障害の場合、ただの浮気ではなく

尊大な自分を魅せつけ都合のいいセリフを言うので

どちらか一方に「恋人がいるからごめんね。」というのは

一番都合がいい場合でない場合は、

もう1つの恋も進展してしまいます。

どこかで別れる、といったほうが

都合がよければ、別れる、と言ってしまいます。

こういった特徴から

自己愛性人格障害の人に複数の恋人がいることは、

よくあることなのです。

やっていることは、

恋人が1人の場合も同じなので、

結局、一緒にいる間に

自己愛性人格障害の人が、だんだんに心を許し始め

何をやっても相手が離れていかないと思い始めると

どうしてもモラハラ行為が始まってしまいます。

だから、あなたが不幸でもう1人の恋人が

幸せだということはないのです。

二人の付き合いだしたタイミングに時間差がある場合は、

後から付き合いだした女の子のほうが

うまくいっているように見えますが、

結果は同じだと思います。

だから彼が自己愛性人格障害だった場合、

残念ですが、彼にこだわっても仕方のないことなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする