自己愛性人格障害の被害者になりやすい人の強すぎる共感力について

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害者の

強すぎる共感力について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害に遭うかたは

共感力の強すぎる人が多く

共依存なんて呼ばれていたりもしますが

共感力が強いこと自体は

悪いことではありません。

共感力が強いからこそ

感動も大きく、幸せを感じる瞬間も

普通のひとよりも多かったりします。

自分に自信がないため、

ちょっといいことがあると

本当にちいさなことで

喜びを感じることができますので

それ自体は、

特な性格といえるでしょう。

今朝、

たくさんのメールを

整理しているときに

ふと目にとまった広告が

あったのですが、それは

象牙を作るために

象の命が奪われているという

広告でした。

写真つきで、頭から血を流す象の

悲しそうな目を写し出した

自然愛護団体の寄付を

促すものでした。

tiaraも犬を飼っていて

家族として娘同然に

長年とても可愛がってきているので、

動物が嫌いな訳ではないのですが

特別、動物好きを

普段からアピールしているわけでは

ありません。

普通だと思います。

ですが、あまりにかわいそうな状況に

通勤途中の電車のなかで

思わず涙がこぼれそうになり

隣にいたひとにぎょっとされました。

その象が

「なんでこんな目に

合わなきゃいけないの?」と

tiaraに訴えかけてきているように

見えてしまったのです。

1枚の写真に

tiaraの共感力の強さに

思わず胸が

ギュッと締め付けられるような

思いになり

さすがに自分でも異常だと思って

気づかれないようにさりげなく

涙をぬぐいました。

この、共感力の強さこそが

自己愛性人格障害のひとの目に

止まりやすい原因だと思うのです。

普通のひとなら

こんなところを見ても

感受性が高いんだなと思っても

離さないようにしようとか

自分を称賛するとりまきにしようとか

虐待するのに便利だ、

とか思いません。

自己愛性人格障害の人も

そうは思いませんが

無意識のうちにだんだんと

そうなってしまうのです。

もし、あなたも

感受性が高いとか、

人並み以上に共感力が強いなと

自分のことを思ったら

ちょっとクールで

ミステリアスな雰囲気で

いるといいと思います。

あなたの温かさが

外側ににじみ出てしまうと

自己愛性人格障害の

ターゲットになりやすいと

覚えておいてください。

1度でも自己愛性人格障害の人に

狙われたことがある人は

次から自己愛性人格障害の人が

見分けられるようになると

思いますが、

もし、自信がないようでしたら

普段から少し

クールな雰囲気にしておくと

あなたの欠点が

自己愛性人格障害の人から見て

分かりづらいと思います。

あなたの温かそうな雰囲気が

自己愛性人格障害の人に

安心できる印象を

与えてしまうのです。

安心して虐待しても

大丈夫な存在だと思われてしまうと

近づいてこられたときに

自己愛性人格障害の人も

初めはとても印象のいい人が多いので

分からないかもしれません。

自己愛性人格障害の人に

あなたを攻撃しても面白くないと

思われるような

無機質な感じでいることが

出来るようになると

自己愛性人格障害の人がいても

あなたもとても

やりやすくなると思います。

自己愛性人格障害の人が

周りにいないと思った時には

ありのままのあなたでいても

まったく問題はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする