自己愛性人格障害の被害を親身になって心配してくれる友達は一生の宝物

こんばんは♡

今日は、少し前に

友達が自己愛性人格障害の被害に遭っていると

Tiaraに相談してくれた人がいたので

そのことについてお話しします。

少しでも分かってくれる人がいたら

どんなに救いになることでしょう。

もし、あなたに少しでも

あなたの気持ちを分かってくれる

友達がいてくれたら

あなたもその友達を

とても大切にしてくださいね。

自己愛性人格障害の話は

ずっと聞いていると

とても疲れてしまいます。

ですが、きっとあなたに

そんな友達がいるのだとしたら

その人はあなたのことが

とても心配なんだと思います。

だからあなたのことを

心配してくれる大切な友達は

失いたくないでしょう。

そんな友達はめったにいないのです。

その子は、自己愛性人格障害のひとが

おかしいことにちゃんと気づいている

流されないタイプの子です。

もしくは本当に

あなたのことを思ってくれている

真実の友達です。

Tiaraはそうやってちゃんと

真実に気づいてくれ

強い立場の人に流されない

真実の目をもつ人がいると

とてもうれしく思います。

少しでも分かってくれる人がいたら

どんなに救いになることでしょう。

きっと一生付き合っていける

親友になれると思います。

自己愛人格障害の相談にのっていると

ほとんどの人が

多くの友達をなくしています。

別に悪いことをしたわけではないのですが、

あなたのちょっとした不注意とか

失敗を(誰にでもあるようなこと)

それでいかにも

すごく迷惑をかけられているように

言われてしまい

何でもないようなことが

ものすごい悪者のようにされてしまうのです。

こういったことはよくあり

Tiaraも実際に

自己愛性人格障害の彼を信じていた時は

大したことをしていないような人のことを

ものすごく悪い人のように

思ってしまっていたこともありました。

ほかのひとにもよく見られます。

ちょっと待ち合わせに遅れてくる、

とか道を間違えてしまったときなど

自己愛性人格障害のひとがその中にいると

「あの子のせいで遅れちゃったじゃん。」

ととても迷惑そうに言ったりするので

その子が「ごめんね~」と来た時には

その子はみんなから白い目で見られたり

していました。

今考えたら「いいよ~。どうしたの?」

で済んだ話だと思うのですけどね。

他にも

自己愛性人格障害のひとが

友達と会うことを

嫌がったのでだんだん

自分から遠ざけてしまった人も

山ほどいるのです。

自己愛人格障害の相談にのっていると

ほとんどの人が

多くの友達を無くしています。

わりと世の中は

強く物を言う人につく人も

大勢いますし、

どちらが悪いか分かっていても

弱い人にはつきたくないと

見捨てる人も大勢います。

そんな世の中で

Tiaraは真実の目を使って

人をしっかり見ていきたいと思います。

そして自己愛性人格障害のひとがいても

流されることなく

自分をしっかりと持っていられるような

そんな自分の思いをしっかりと持った人に

なってください。

そして

自己愛性人格障害のひとも

毛嫌いせず

上手に距離を取り

協力できるところだけ協力して

お互いが気持ちよく生きられたら

最高だと思います。

それには、

自己愛性人格障害のひとに

感情を入れすぎず冷静に見て

きちんと距離と礼儀を保って

付き合っていきたいと思います。

あなたも無駄につぶされることなく

自己愛性人格障害のひととは

しっかりと距離をとることを学びながら

自分の人生を生きていってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする