自己愛性人格障害のひとも自分のおなかの中の怒りをあなたのせいにする

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分の中のおなかの中の怒りを

自分のせいだと思ってしまうあなたのせいにしている

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとの

嫌がらせのやり方の基本に

あなたのせいで彼の機嫌が悪くなった、

と思わせるものがあります。

それは

あなたの責任感の強さを

利用しているのです。

昨日まで優しかった彼が

あなたとの会話中に、または

朝会ったらいきなり

なんか不機嫌そうな表情で

口もきいてくれない。。。

そんなとき普通のひとなら

「どうしたの?何かあったの?」

と何も考えずに普通に聞けると思います。

ところが、もしあなたの彼が

自己愛性人格障害の場合は、

普段の洗脳によりなんとなく

あなたから事情を尋ねにくい雰囲気に

なっているはずです。

あなたは、彼が機嫌が悪い理由を

自分の中で考えると思います。

何が悪いんだろう、

私の何が彼を怒らせてしまったんだろうって。。

世の中の人は

こういう考える人が多いと思います。

ところが、自己愛性人格障害の場合、

何もなくても突然機嫌が悪くなったり

無視をしたりします。

でも、理由もなくそんなことをする人がいるとは

世の中の人たちは思っていませんので

周りの人たちは

なぜか理由を探し始めます。

これは、自己愛性人格障害のひとと

普通の人との頭の中が

すべて逆に動いているから起こることなのです。

自己愛性人格障害の場合

まず、彼のおなかの中に

もともと大きな怒りがあります。

もちろん彼自身も

それがどうしてなのか、

覚えていないほど昔に起きたことにより

常にイライラしているように

人間が大人になる過程で

そう育ってきてしまっているのです。

それは自己愛性人格障害のひとにとっても

迷惑な話で本人の責任ではありません。

これは幼いころの環境の問題と言われていますが

人間は意外と些細なことで

ストレスをかかえるようになっていて

たとえばどんなに小さな音でも

不快な異音がずっとする環境では

だんだんとイライラしてきてしまいます。

この前、スーパーで

何かのモーターが壊れているのか、

ずっとジーーというような小さな音がしていることに

気づきました。

スーパーに入ってすぐに気づいたので

何かが壊れているか調子が悪いんだろうと思って

ちょっと不快に感じながらも

ずっと鳴っているわけではないだろうし、

歩いていくうちに少しづつ遠くなり

聞こえなくなるだろうと思い

気にしないようにしながら

1週間分の大量な食料を選んでいました。

普段から買い物は好きですし、

1週間のメニューを考えながら

あれがおいしいかなとか

あれが久しぶりに食べたいなとか

美味しいもののことを考えながら

買い物をするのは

休みの日にするとても好きな行為の1つです。

時間に制限もなく

のんびりとあれこれメニューを考えながら

スーパーを回っていました。

ところが、どこに行ってもしばらく歩いていっても

小さくなることはなく

どこに行ってもその音が

ジーーっとし続けているのです。

どこかが壊れたりすることは

別におかしいことではないし、

分かるのですが、普段ちょっとしたことは

あまり気にならないタイプのTiaraでも

だんだんと気分が悪くなり

早くそのスーパーを出たくなりました。

それくらい不快な音だったわけですが、

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

この小さな異音のようなものです。

特段おかしいことではないけれど

小さなことでもずっと継続的にされていると

ダメージは大きくなっていきます。

しかも、自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

初めはあなたが気づくか気づかないかくらいの

この異音よりもずっとずっと小さなことです。

あなたが気づかないうちに少しづつ始まっていき

少し気づきかけると

それをごまかすかのように

ものすごく優しくしてくれたり

素敵な経験をさせてくれます。

あれ?気のせいかな?

この前はたまたま機嫌が悪かったのかな?

と思ってその小さな異音に慣れていくと

また少しその慣れた異音よりもほんのちょっとだけ

異音を強めてみます。

そうやって嫌がらせの過程を

あなたが気づかないように少しづつ、少しづつ

強めていくので

あなたは知らない間に

ものすごいストレスが溜まっている状態まで

ひどくなっています。

もう少し前に気づくことができたら

彼と簡単に離れることができていたのに

もう彼から離れることができないくらい

彼のことが大好きになっているのに

なかなかあきらめることができないのでしょう。

それに彼の機嫌が悪くなるのは

理由は分からないけどあなたのせいだと

あなたは思い込んでしまっています。

だから、あなたさえ

彼の機嫌をそこねないようにすれば

彼はまたいつもの

優しい彼に戻ってくれる、と

信じてしまっています。

ところが

自己愛性人格障害のひとの機嫌の悪さは

あなたのせいではなく

ただの彼の

あなたに罪悪感を持たせるための嫌がらせなのです。

大好きな彼が、あなたに嫌がらせのために

わざわざ機嫌を悪くするなんてことは

考えられないかもしれませんが、

自己愛性人格障害のひとは

もともと育ってきた環境のせいで

おなかの中に大きな怒りを持っていて

その理由を探している

普通とは、

順番が逆の現象が起きているのです。

だから、あなたがどれだけ

彼のご機嫌をそこねないように努力しても

自分で反省しても

彼は機嫌を直すことはありません。

それはもともと彼のおなかの中に

あるからです。

彼が優しくなるのは

あなたにそのことに気づかれないために

必死だからです。

彼も自分をそんなにひどいことをしているとは

死んでも認めたくありません。

だからその理由をあなたのせいにして

こじつけているだけなのです。

あなたのせいにするのは

自分が罪悪感を

持たなくていいようにするためです。

彼も自分が本当はどんなことをしているか

なんと気づいているのですが、

気づいてしまうと

自分がものすごくひどいことをしていることに

尋常ではないほどのショックを感じてしまうので、

それが怖いのです。

それどころか

彼の嫌がらせがあなたのせいだと思い込むことも

嫌がらせがひどくなるにつれて

大きくしなければいけませんから

彼の中ではあなたはだんだん悪者になっていくのです。

そうすることによって

自己愛性人格障害のひとのエスカレートする怒りと

あなたの罪のバランスを取ろうとします。

ところがあなたは本当は

何もしていないので

苦しみはますます大きくなってしまうのです。

あなたは順番が逆だということに気づくべきです。

そしてあなたが彼を怒らせるようなことをしたのか

よく考えてみてください。

そのことに気づくと

ずいぶんと楽になるはずです。

そして彼のことも冷静に

どうしたらいいか、

彼に聞くのではなく、あなたの中で

自分で結論づけることができるはずです。

そしてとても昔に

自己愛性人格障害のひとも

何らかのストレスを受けながら育ち、

自分に価値を見出すこともないまま

良心を閉ざしてしまわなければ

いけないほど辛い経験をして

共感力を使わない、

人のせいにして自分が楽になる方法でしか

生きられなくなってしまった犠牲者なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする