自己愛性人格障害のひとに絶対にしてはいけない2つのこと

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとに

してはいけないことについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとには

あなたには悪気がなくても

絶対にしてはいけないこと

というのが2つほどあります。

1つは、

アドバイスや助言や指摘をすることと

もう一つは、

あなたのことを分かってもらおうとして

とことん話し合うということです。

自己愛性人格障害に

あなたの気持ちを一生懸命話すことや

指摘を受け入れることが無理なのです。

あなたは、あなたの彼と

本気で向き合っているために

彼には悪いところには気づいてほしい、

と思って

注意したり、

話し合ったりすると思うのですが、

自己愛性人格障害のひとに注意をしたり

助言をしたりすると

自己愛性性人格障害のひとは

自分が否定されたと思いこみ

ひどく怒ります。

彼の嫌なところを嫌だと気付いてもらったり

あなたの気持ちを分かってもらったりしないと

今後、長い間お付き合いをしていくことは

無理だと思います。

もちろん、

あなたも彼の気持ちや、

彼の立場を分かってあげないと

今後の二人の関係を

より良いものにしていくことは

とても難しいと思います。

たとえ、あなたが

彼の気持ちに寄り添ったとしても

自己愛性人格障害のひとに

指摘したり、分かってほしいと

あなたの気持ちを訴えることは

自己愛性人格障害のひとにとって

あなたが彼の存在を

全否定したことになってしまうのです。

あなたはそんなつもりは

もちろんなく

彼と話し合うことによって

彼とお互いに分かり合おうとしている

だけなのですが、

それでもその気持ちは

自己愛性人格障害のひとには伝わりません。

かといって、すべてを彼に合わせて

あなたの気持ちを言わないということは

彼からの精神的な虐待にも

何も言えないことになります。

自己愛性人格障害のひとは

理不尽にあなたを追い詰めます。

だからあなたは黙っていることが

辛くなるほどひどいことばかりされます。

それなのにその気持ちを

自己愛性人格障害のひとに訴えれば

自己愛性人格障害のひとは

自分を全否定されたと思い込み

激しく激怒するのです。

自己愛性人格障害のひとは

あまりの自信のなさに人から否定されると

極端に思い込んでいて

それをとても恐れています。

Tiaraも彼といろいろな問題を乗り越えてきて

ようやく二人で歩き出したと思い始めたとき

彼に少しづつ自分の気持ちを言うことにしようと

思いだしました。

Tiaraは結婚していたこともあるので、

きちんと自分の気持ちを相手に伝えないと

それでいいと思われてしまい、

それが当たり前になってしまって

だんだんに、

自分が辛くなることを知っていたので

自己愛性人格障害の彼とは

上手くやっていきたいので

今まで彼に言えなかった気持ちも

きちんと嫌だと伝えてみよう、

と思いだしたのです。

それなのに彼が激化し、

Tiaraのことを落とし入れたことに気づいたときは

本当に悲しかったです。

自分が素敵だと思っていた

誰よりも信頼できると思っていた彼が

実はうわべだけで素敵な自分を作っていて

本当は中身なんてなかったことに

いくら熱烈に「必ず俺は、あなたを幸せにする!」

と言ってくれたことも

ただ、尊大な自分を魅せていただけの

張りぼてだったことに気づいて

とても悲しかったです。

自己愛性人格障害に気づいて

彼のあまりに不自然な行動の変化に

その特徴がぴったりなことに気づいたとき

今までの彼の不可解な言動が、

自己愛性人格障害の特徴だったと

理解できたました。

そして、すべてに納得できましたが

今まで二人で積み重ねてきたものが

まるで

なかったことだったと気付いて

とてもショック受けたのと同時に

納得もできたのです。

その自己愛性人格障害の彼と

Tiaraさえ納得していれば

何とかコントロールして

そういった行動を彼がしないように

調節できると何度考えても

彼が人からの忠告をまるで聞けない

と気づいたとき

平等な普通の人間関係を

自己愛性人格障害のひとと

築くことはやってみて

無理なことだと知りました。

Tiaraの恋愛相談室で

「自己愛性人格障害のひとと

普通にうまくいっている人はいないか。」と

質問を受けたのですが、

普通にうまくいく人は

ほぼいないと思います。

彼より人間性ができていたり

彼より知能の高いひとなら

自己愛性人格障害のひとと

普通にうまくいくのではないかと

考えたことがありますが、

初めのうちは

自己愛性人格障害のひとが認めた人物なので

大丈夫なのでは?と思いましたが、

自己愛性人格障害のひとの性質上、

ずっと自分よりも上の人物を見ていると

自尊心があまりにも低いことが原因の

自己愛性人格障害のひとですので、

どうしても悔しくなり

その人を悪く言いたくなってしまうので、

無理かな?と思いました。

初めのうちはいいかもしれないですが

だんだんとつぶしたくなったり

自己愛性人格障害のひとのプライドをつぶして

やがて

自己愛性人格障害のひとが

苦しくてたまらなくなり、

また離れたくなると思います。

ということは

どんな人とでも

関係性を続けていくことは

難しいことなのです。

自己愛性人格障害のひとと

続けていくには

あなたが、一切、彼に逆らうことなく

自分の意見も言わず、

言いなりにもならず距離を置いて

バラバラに最低限の付き合いしかしなければ

もしかしたら、続くのかもしれません。

でも、そんな付き合いでは

あなたは何も幸せを感じないでしょう。

そんな関係では

恋人にも夫婦にもなれないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする