自己愛性人格障害の彼からの嫌がらせにあなたが気づかないわけ

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の彼が激化するまでは

本当に大切にしてもらえている、

とあなたが思っている理由について

お話ししたいと思います。

あなたは、

自己愛性人格障害の彼と付き合って

数々の辛い思いをしてきたと思いますが、

彼が自己愛性人格障害だと気付くまでは

本当に素敵な思いをしてきたのでは

ありませんか?

自己愛性人格障害のひとが

なぜ、あんなにも

人を惹きつけることができるのかというと

尊大な自分の魅力を周りに魅せつけていることと

共感力が全くないからなのです。

素敵な人には誰でも憧れます。

それは、顔だけでなくしぐさや話し方、

立ち振る舞いや仕事に対する熱意など

あらゆる魅力や優しさなどを

あなたに向けて行動しているので

自己愛性人格障害の彼が

素敵に見えても無理はないでしょう。

そして、そんな魅力的な彼が

あなたへの熱烈な思いやあこがれを

あなたに伝え、

あなたを大切にすることをあなたに誓えば

誰だって嬉しくなってしまうことは

無理もないと思います。

普通は、好きでもない人に

そんなことは言わないからです。

ですが、自己愛性人格障害のひとには

始めは、あなたに夢中になってもらおうと

自己愛性人格障害のひとの魅力を

あなたに魅せ

あなたが彼を素敵だと思うようになると

始めはうれしかった気持ちも

だんだんと安心感に変わり始めます。

そのころからあなたが

どれだけ彼から離れられなくなっているか

少しづつ攻撃を強めながら

あなたを試し、

あなたが彼をおかしいと思いそうになると

夢中であなたに優しくして

彼は、あなたにしたことを

ごまかしてしまうのです。

そして彼のごまかしを

あなたの優しさと彼を愛する気持ちから

あなた自身が見逃してしまうため

彼のごまかしが成立してしまいます。

普通の人は共感力を持っていますので

自分のことだけを考えることができず、

いろいろなものや人に

心を引っ張られています。

あなたの辛さも分かるため

あなたをひどい目に遭わせることも

しませんが、

自己愛性人格障害のひとは

共感力がないためにあなたにひどいことをしても

自分で自分を責めません。

そして自分は正しいことをしているのだと

自分自身でも思い込むため

あなたが悪い理由をいくらでも探して

自分を正当化させてしまうのです。

それはよく考えてみれば

あなたも気づいていることでしょう。

彼は、あなたの

彼と一緒にいたい気持ちを利用して

あなたがなかなか気づきにくいようにして

しまっているのです。

ですが、自分では

自分が人と違う感覚を持っている

とは思っていないため

それで自分は

立派な心優しき人間に見られることに

とても満足して高揚しています。

それが、あなたから見ると

彼が

あなたに恋をしているように

見えるのでしょう。

ところが彼は、心のどこかで

なんでも許してくれるあなたに安心して

甘えていて

自分のおなかの中の怒りやずるいところを

言葉を変えて

すべて

あなたのせいにしているだけなのです。

あなたは、彼の怒りは

すべて自分のせいだと思い込み

彼は悪くないと自分で理由付けて

自分を治そうとしながらも

本当はあまりにも理不尽な思いに

傷ついていきどんどん辛くなっていきます。

自分が彼の気持ちが分かるようになれば

優しい彼は

あなたと共に一緒にいてくれる、

と思っていますが、

彼はあなたが彼を美化している気持ちを

利用しているのです。

あなた自身も

何かがおかしいと気付いていても

彼を手放すことができないため

彼を美化して自分のせいにして

始めに魅力的だと思っていた

彼の幻想から離れられないのです。

いくら彼に魅力が

いっぱいあったのだとしても

あなたを傷つけるような人は

一緒にいてもあなたは幸せにはなりません。

彼の心の傷を受け止めて

あなたが必死にかばったところで

彼はあなたに感謝することが

一切ないのです。

あなたが考えるいろんな障害を

乗り越えた先の幸せは

自己愛性人格障害の彼との未来には

ありません。

彼にあなたの傷や思いが届くことはないほど

彼は自分のことで精一杯なのです。

彼が、尊大な魅力を魅せつけていなければ

不安な気持ちは

彼の好きなようにさせてあげて

あなたはそっと離れて下さい。

彼は、

そうし続けていなければいられないほど

自尊心が傷ついているのです。

自己愛性人格障害の彼とは

お互いのことを思うのであれば

彼から離れることが

一番の幸せなのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする