自己愛性人格障害の彼に無視をされたときに

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼から

無視をされることが辛い人に

どういう対応をしたら良いかということについて

お話をしたいと思います。

自己愛性二各障害のひとの心情は

自尊心があまりにも低すぎるために

極端に人を常につぶして自分の価値を確認し続けて

いないといられない病気です。

つまり簡単に言えば

人から尊大な存在だとみられていたい

ということです。

そのために基本的なことは

そもそも人から嫌われたくないのです。

以外に思われるかもしれませんが

人から嫌われることに

人並以上に恐怖感をいだいていると

言われています。

ではなぜあなたに冷たくしたり

精神的な嫌がらせをしたりするのでしょう?

それはつまり、

あなたが人を(彼を)嫌わない安全な相手だと思っているからです。

あるいはあなたに嫌われたところで

全然怖くない価値のない存在だと思っています。

もし仮にそこまで来てしまっているのだとしたら

それは、今までに、

あなた自身が彼のすることを

そこまで許してしまって来たからだと思います。

自己愛性二位人格障害のひとは

初めから嫌がらせをしません。

なぜなら基本的な考え方が

あまりの自尊心の低さから

その恐怖を取り除くために

尊大な自分を魅せつけていなければ

正気でいられないほどの

自尊心の低さを持ち合わせているからです。

あなたと付き合う時は

直感でこの人は優しそう、とか

この人は暖かそうとかこの人ならもしかしたら

俺のすべてを許してくれるんじゃないかと

思って近づいてきています。

それ自身は、彼も無意識で

本能のようなものから見抜いてきているのですが

初めは普通にあなたに惹かれて

近づいてきたんだと思います。

初めのころはあなたに

尊大な自分を魅せ続けて

あなたを夢中にしていきます。

そしてあなたが彼に夢中になったころ

これくらいだったら許してくれるかな?

これくらいならどうかな?と

少しづつ、

まずは気づかないほどの小さなことから

嫌がらせ行為を始めます。

それであなたが気づきそうになると

冗談だよ。とか

何事もなかったような態度をとり、

あなたが自分で

(あれ?勘違いかな?)とか

(あれ?考えすぎかな?)と思い込んで

終わるようなほど

気づかないほどの一瞬の出来事です。

それを少しづつ、あなたの様子を見ながら

強めていき

それでもあなたが許してくれる、

とかさらっと水に流してくれる、

と思いだしたときに

彼自身も無意識のうちに

あなたは大丈夫、と安心していきます。

その安全が完ぺきになった存在を

ターゲットにするのですが

ターゲットになったところで

気づいて逃げそうになると

ごめんね、と謝ったり

好きだよ、離したくない!などというような

熱烈なしがみつき行為により

あなたの情を使ってあなたを取り戻します。

そしてあなたが気づかずに彼と一緒にいる期間が

長くなってしまうのです。

あなたが彼に嫌がらせ行為をされるようになった原因として

あなたが彼のそんな行動を

許してしまったという

絶対的な信頼があるのです。

逆に言えば、その信頼のない相手に

自己愛性人格障害のひとは

嫌がらせ行為はできません。

むしろ気を使ってきて

良好な関係を保てるのです。

普通の人とは真逆なので

不思議に思われるかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとは

信頼していない人に嫌がらせ行為や無視は絶対にできません。

だっていつ怒られるか分からないし

いつあなたが彼から離れていくか分からないからです。

そんな人には安心して嫌がらせ行為はできないのです。

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットとして扱われたくないのなら

彼から離れていかないよ、とか

彼のなんでも許してあげるよ、という

優しさを見せてはいけません。

彼があなたが自分が何をしても許してしまうくらい

彼のことを分かってくれるからです。

普通の人と行動や考え方が逆の人間がいるなんて

普通の人は思いつきもしません。

でもいろんな人間がいるのです。

あなたはそれを信じるとか

あなたが尽くせば分かってくれるはず

と勝手な思い込みで

行動矢考え方を変えようとしなければ

モラハラの深みにどんどんはまり込んでいきます。

自己愛性人格障害とは

自尊心が低すぎる人を信頼していない病気なので

その彼に信頼されてしまった優しすぎるあなたは

今すぐに考え方をやめないと

危険なことになるのです。

でもその考えは

自己愛性人格障害のひとに対してだけで

普通の人には今までのあなたの考え方で

充分通用するでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする