自己愛性人格障害の彼との恋愛はこの世で一番ロマンチックで素敵で残酷な物語

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の彼との

素敵な恋愛について

お話ししたいと思います。

いつもTiaraは

自己愛性人格障害は

とても残酷な虐待をする、

というお話をしています。

では、なぜ女の子が

こんなにも

自己愛性人格障害の彼に惹かれ

なかなか離れられないのでしょう。

それは

自己愛性人格障害のひとの

尊大な自分を見せつける行為に

あります。

自己愛性人格障害の病気の原因は

子供の頃の経験により

あまりにも低い自尊心を必死で

隠していることからきています。

その極端に臆病な性格から

常に素敵な自分を演じていて

相手に好かれようという行為が

あります。

尊大な自分を見せつける方法は

会社や同僚、友達や親族等の場合は

偉そうに振る舞ったり

上から命令するような

態度に出ることもありますが

女の子との、特に恋愛初期の場合は

とても優しく、包み込むように

頼りがいがあり、

とても素敵です。

被害者のかたのお話しを聞いていても

とてもロマンチックなものが多く、

彼女を手にいれるまでは

普通のひとでは勝ち目がないほどに

誠実でまっすぐな愛を向けてきます。

恋愛上手な人も、

数多く見てきましたが、

自己愛性人格障害の比では

ありません。

本当に物語のなかの

主人公にでもなったように

とても素敵な思いを

させてくれるのです。

そんな自己愛性人格障害の人ですので

女の子が夢中になるのも

無理はないと思います。

しかし、夢中になったそのあとに

あまりにも残酷な否定と拒否を

繰り返すので、

責任感の強いひとや真面目なひとは、

すべて自分が悪いと思ってしまい、

全力で素敵な彼を取り戻そうと、

最善の努力を重ねるのです。

その虐待の様は本当にひどく、

でも分かりにくいもので

口汚い言葉や、怒鳴る、殴るなどの

分かりやすいことはほとんどせず、

あなたが悪いから

一緒にやっていきたいけど身を引く、

などというやりかたをします。

それまで本当に優しく

大事にされてきたので、

天国から、いきなり奈落の底へ

突き落とされたような気持ちに

なりますし、

あれだけあなたに愛をささやいた彼が、

まさか精神的虐待で

あなたの心を痛め付けるために

そんなことをしているとは

初めはだれも思い付かないでしょう。

大好きな人からの

否定と拒否は

ほんとうに辛いものです。

しかも、それが

わけの分からないこととなると、

苦しみはいっそう深いでしょう。

そんな苦しみのなか、

しばらく放置されます。

そして、連絡がとれなくなり

辛くて悲しくても

あなたから連絡をとることは

できません。

できないのです。

もし、連絡でもして

「自分のことしか

かんがえてないんだね。」などと

言われてしまえば

本当に終わりです。

だからほとんどの被害者のひとたちは

それを我慢してしまうのです。

そして、もうだめだ、

素敵な彼に私は嫌われてしまった、と

あなたが諦めかけた頃、

彼から連絡が入るのです。

「ごめん!

あなたを離したくないんだ。

会いたい❗」

そしてほっとして

彼の優しい腕のなかにもどり、

また大切な彼と同じときを

過ごすことの幸せに、

あなたはこの上もない幸福を

感じることでしょう。

そして、もう2度と、彼を

手放したくない❗と思うのです。

しかし、幸せなときを過ごし、

しばらくするとまた、

彼の機嫌を損ねてしまいます。

私が悪いんです。

こう言ってしまう被害者さんが

なんと多いことでしょう。

彼はあなたを彼に依存させ、

そして突き放して

精神的虐待をはかる、

そんなことを幾度となく

繰り返すのです。

どうですか?

そんなことを何度もされて

あなたは耐えられますか?

自己愛性人格障害とは

素敵で、この上なくロマンチックで

そして

残酷なのです。

そして、女の子の被害者は

自分に精神的虐待を繰り返す彼に

自分から近づいてしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする