自己愛性人格障害のひとのそばにいることはとても危険なことなのです。

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとが

嫌がらせをして満足しているのか

ということについて

お話したいと思います。

 

以前の記事で

自己愛性人格障害のひとは

嫌がらせをして満足しているわけではない、

ということについて

お話をしました。

 

むしろ嫌がらせについては

あなたの嫌がる顔や

困ったようす、泣いている姿や

苦しんでいる姿をみるために

無視や別れ話、そして

浮気などをしています。

 

 

普通のひとは、浮気をしているとしても

浮気をすることじたいを目標にしているので、

あなたにばれそうになると

あわてて隠そうとしたり、

ごまかしたりします。

ところが、

自己愛性人格障害のひとは

浮気をすることは特に

目的ではありません。

 

なのであなたにばれなかったら

意味がないのです。

 

 

あなたを苦しめることが目的なので

こそこそ隠れて浮気をしていたら

あなたが悲しみません。

 

わざとあなたに打ち明けてきたり、

自分のせいではないが

相手が自分のことを忘れられないのだから

どうしようもない、という話をします。

 

浮気相手の方が自分に夢中になっているので

冷たくすることはできない、

という形をとるのです。

 

そうなるとあなたは彼を責めたりも

するでしょうが、

我慢する、とか彼を理解してあげる、

とか待っている、という形をとり

辛い気持ちを必死で耐えようとします。

 

自己愛性人格障害の人にとって

それが目的なのです。

 

時間と共にあなたも

浮気相手も両方とも彼に夢中になり

やがてひどい修羅場を迎えます。

 

それでも、彼はきれいに見えるのです。

ふたりの気持ちを考えると辛い、とか

幸せにしてあげたいけどどうすることもできない、と言って

苦悩する姿をあなたに見せます。

 

その姿をみてあなたは

さらに何とかしてあげたい、

という気持ちになるでしょう。

 

でも、彼にとっては

そのどちらの女の子も同じで

自分のために苦しみ、しかも離れられない、

という形をとり

精神的な拷問に、

あなたから自ら飛び込んでくる、

という形に持っていくのです。

 

それが自己愛性人格障害のひとの精神を

一時的に落ち着かせ、

自分にはそれだけ価値がある、と

自己愛性人格障害のひとの欲求を満たします。

 

そのためにあなたはいるのです。

 

そのためにあなたを離さないのです。

 

自己愛性人格障害のひとの目的は

精神的な虐待をして、

自分の自尊心を満たし

少しの間だけ高揚した気分に浸るのです。

 

しかし、それは長くは続かず

またすぐに強烈な自尊心の低さに襲われ

自分に価値があるかと常に

誰かを潰して満足していなければ

生きていけないほどの

とても辛い心境なのです。

 

だからいつまでも

自己愛性人格障害のひとのそばにいることは

とても危険なので

できるだけ早く気づいて

少しづつ、心を彼から話していくようにしてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください