自己愛性人格障害の拒否と否定について

こんばんは♡

今日は

自己愛性人格障害の

拒否と否定について

お話ししたいと思います。

 

もう気づいていらっしゃるかと

思いますが

自己愛性人格障害の嫌がらせの

やり方は、

あなたを夢中にさせてからの

拒否と否定です。

 

彼といると幸せになれると

あなたが思いだした頃

彼の小さな拒否や無視が

始まります。

 

まず、あいさつをしなかったり

話をしているときにあいづちを

打たなかったりして

あれ?と思います。

 

たまたま聞いていなかっただけなのかと

思うほど小さなことです。

 

あなたが少しでも気づくと

普通に話し出すので

気のせいか、とあなたは思います。

 

そしてそれは

少しづつ強くなっていきます。

 

気のせいなんかではないのです。

 

彼のほうから約束をしておいて

当日になるとすっかり忘れている、

ということもたびたび起こります。

 

それも気のせいか、と思うほど

小さなことです。

 

またすぐにいつもの

優しい彼にもどるので

考えすぎかな?と思いだします。

 

それを少しづつ強めていくので

あなたは気づかないのです。

 

気づいた時には

どんなに理不尽なことをされても

あなたは自分が悪いのかな?

と思うようになります。

 

そうやって少しづつ

コントロールしていくのです。

 

話し方は関係ありません。

 

どれだけ穏やかでも

紳士的にふるまっていても

静かに話しても、強めに話しても

やっていることは

あなたへの拒否と否定です。

 

あなたのやることが

まるでその場に合っていないように

あなたが、何も考えていないように

あなたのレスポンスが悪いように

話します。

 

そして、

あなたを駄目だと言っているのです。

そして、そんなあなたを

心の優しい寛大な彼が

面倒をみてあげていると

あなたにも、周りのひとにも

映るように振る舞います。

 

それは、自己愛性人格障害の

あまりの自尊心のなさに

自分の価値がなくなってしまう事への恐れを

あなたを下にみることで

自分の方が上だと思うことによって

ほんの少しだけ安心するのです。

 

でも、それはごまかしでしかなく

すぐに極度の不安状態に

おちいってしまうので、

あまりの恐怖に

常に、誰かを蹴落とすことを

やめようとはしません。

 

それは、彼のなかの

極度の恐怖心の現れなのです。

 

あまりの恐怖心に耐えることができず

徐々に怒りを

強めていってしまいます。

 

それはあなたとの力関係によって

変わります。

 

あなたが受け入れれば

受け入れるほど

彼のなかの

怒りをぶつける速度は加速し、

そして勢いを強めていきます。

あなたが優しければ優しいほど

あなたが寛大であればあるほど

あなたが彼を愛すれば愛するほど

彼は安心して

彼のなかの怒りをあなたにぶつける

速度は

加速していきます。

 

激化してからでは遅いのです。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいたら

徐々に心を離していってください。

 

急に離れると

あなたがいなくなる不安から

強烈なしがみつき行為をみせます。

 

まだ自己愛性人格障害について

よく知らない人は

彼の熱烈な愛の言葉を聞いて

戻ってしまうこともあるのですが

戻ると、以前よりも

モラハラが強くなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害にも程度があるので

まだ軽いうちはいいのですが、

戻るたびに徐々に加速していき

最後は本当に多くの人を巻き込み

とんでもない修羅場になることも

あるのです。

 

彼がそうなってしまうのかは

一番そばにいるあなたには

わかると思います。

 

これ以上、彼と一緒にいることは

危ないと感じたときは、

彼と別れる準備を心のなかで

徐々に始めていってください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください