自己愛性人格障害の人が恋人なのに嫌がらせをする理由は?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼が

周りの人には親切なのに

どうしてあなたのことを

一番に考えてくれないのか、

その理由について

お話ししたいと思います。

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だと気付いて

あなたがどんなに彼のことを思っていても

彼のおなかの中のイライラを

あなたにぶつけていたと知って

とても辛いですよね。

どうして自己愛性人格障害とは

他人のことが

全く考えられないのでしょうか?

普通の人は

あまり気づいていませんが、

世の中は、自己愛性人格障害だらけで

ひとを利用して

自分をよく見せようという人で

溢れています。

関係のない人には

むしろ

いい人であり続けようとするのです。

ある意味、そういった人で

けっこう世の中が動いています。

自己愛性人格障害がわかってくると

その人が何をしているのか

本当によく分かるので、

本当にいいひとと、そうでない人の

見分けがついてしまうのです。

人からされた話を聞いても

よく分かりませんが、

そばにいて

しばらくその人の言動をみていると

だんだんわかってきます。

自己愛性人格障害の人は、

その場の空気を読んで、

自分のことが

人に言われるかもしれないと思うと

その人を、周りのひとと

交流させないようにしてきます。

すぐに気づくし、

Tiaraがそういう人を見抜けることを

知っていても

ついやってしまっています。

そして、tiaraにばれていないか、

笑いながら近寄ってきて、

でも焦っているのも、

なんとも思っていないフリも

すべて分かってしまうのです。

周りの人も

なんでTiaraが分かるのか、

わかっていない人もいますので、

この不思議な空気になんでだろうと

不思議がっています。

でも、いったん自己愛性人格障害が

わかるようになると、

ほんとの気持ちまで

透けて見えてしまうのです。

むしろ普通の人の方が、

透けては見えません。

普通のひとは、

普通に仕事をしていて、

特にいろんな考えを持たないで

普通に過ごしていますので

本当に自然です。

自己愛性人格障害のひとの気配りは

自分が人からどう見えるかを

意識した演技で

あなたは自己愛性人格障害のひとを

よく見せるための

ただの道具にすぎないのです。

被害者のひとは

彼に嫌われないことに

必死になっていて

周囲に

あまり気配りができていません。

自己愛性人格障害のひとは

そうは見えませんが、

常に気配りをして

周りに嫌われないように

必死になっています。

誰かの機嫌が悪い時にでも

よく見ると微妙に反応しています。

本当は臆病なのです。

でもそれをみじんも外には

出しませんが、

Tiaraにはその人が

様子をうかがって

どう動こうかと

頭の中で計算していることが

分かります。

自己愛性人格障害の彼の場合、

あなたのほうが

本物の愛を持っていますが、

いつも自己愛性人格障害の彼に

必死にさせられていますので

心にゆとりがまったくありません。

だからいちいち

人からどう思われるかなんて

考えていないのです。

あなたは、

周りの目を気にしているわけではなく

本当に心が優しいので

喉が乾いているところをみると

普通にお水を持ってきます。

「喉乾いたでしょ?はい」

というあなたは

本当に純粋にそれだけで

相手にはありがたいと思ってほしい、

とか優しい人だと思ってほしい、などと、

いちいち考えていません。

ただ

相手ののどを

潤してあげたいだけなのです。

しかし、自己愛性人格障害の人は

「はい。お水。」という時も

相手ののどを潤してあげたい

という気持ちよりも

それを行っている彼が

あなたから見て

どう映るのかということを

重点に置いてお水を渡します。

そんなことは知らないあなたは

ただただ彼のやさしさに

ときめいているのです。

あなたは何も考えていません。

ただ純粋に

自己愛性人格障害の彼のことが

好きなだけなのです。

でも自己愛性人格障害の人は

自尊心があまりにも傷つきすぎていて

人からどう見えるかだけに

必死になって生きていますので

あなたのことは

考えていられないのです。

そしてそれを知らなかったあなたは

彼からの突然の

嫌がらせや無視といった行動に

傷ついてしまうのです。

それが、自己愛性人格障害の彼が

してしまう理解不能な出来事の

理由だったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする