自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人が気づかなければならないこと



こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人が

気を付けなければならないことについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとが

やっていることというのは、

本当に分かりにくいです。

 

普通に性格が悪い人が行っている

人をおとしめていく、やり方とは

違っていて

自己愛性人格障害のひと本人に

自覚がないという特徴があります。

 

本人にひとを傷つけることは

悪いことだ、という自覚がないので

自分のことを

本当に善人だと思っています。

 

嘘発見器なども嘘をついたときの

心の乱れが心拍数や表情や行動に

表れるところを見るので

自己愛性人格障害のひとのように

本人に自覚がない場合、

罪悪感がまったくないので

ほぼ、動揺することはないと

思います。

 

だから、おそらく嘘をついていても

嘘発見器で分かることは

ないでしょう。

 

このように本人に自覚がないところから

少し厳しいけど悪い人ではない、

ととられることが多く、

厳しいけど本当の愛情を

持っている人だ、

というふうに見えがちです。

 

tiaraもずっと自己愛性人格障害の

元カレのことを

厳しいけれど、

彼は本当のことを言っている、

と思い、

ひとが悪く思われたくなくて

言えないことを

彼は本当に

相手のことを思っているので

あえて厳しいことも言う、

本物の愛情をもったひとだと

思っていました。

 

tiaraには優しかったですが、

いつも人のことを、

「あいつは昼間はほんとは

仕事なんてしてないくせに

生活残業のために

やることもないくせに

毎日だらだらと残っているんだ。」

とか

「ちゃんと期限までに

やっていないあの人が悪いんだよ。」

とか

人をさんざん怒鳴ったあと、

tiaraに毎回言いに来ていたので

tiaraもすごく怒ってたけど、

正義感が強いだけなんだな、とか

曲がったことが許せないタイプなんだな、

と思っていました。

 

tiaraまで一緒になって

その人たちを少し蔑んで見ていたことも

事実です。

 

だけど、自己愛性人格障害の特徴に

気づいてみると、

たしかに生活のために

残業をしているひとは、

他にもいるし、

カレ自身が期限までに

できていなかった仕事もあります。

 

ですが、自分のときは

いたづらっぽくかわいい顔をしながら

tiaraのところまでやってきて

「あー、しまった。

人間、忘れることもあるよな?」

と笑っていっていたので

tiaraもくすっと笑って

彼のことをかわいいな、

と思ったりもしていました。

 

あとになって気づいてみると

彼が言わなければ、

期限を忘れていても、

その人に「忘れてるよ!」といってあげれば、

「あ、教えてくれてありがとう」と

さっとやってしまえば、

とがめられるようなことではありませんでしたし、

生活残業をしているひとでも

他にもそういったひともたくさんいたので

彼がそんなことを言わなければ

悪く思われることもなかったような気がします。

 

そして、そういうときは必ず

彼が言ったひとが、

成果をあげたときや

ひとに誉められているのを見たとき、

彼よりもそのひとが

目立ってしまったあとに

言っていました。

 

本人のことを思っていれば

周りの人ではなく、

その本人にアドバイスすればいいと思います。

 

周りのひとに言ってしまうということは、

ただ単に、そのひとがよく思われないために、

悪い面をばらしていただけだったのだと

思います。

 

そして、ひとはそういった

悪いことばかり聞いていますと、

その人に対しての印象が

悪くなります。

 

そして、言われているひとたちは

よく見ると

人のことを、

わざわざ悪く言わないひとたち

ばかりなのです。

 

そういった特に害もないひとたちを

影でおとしめて、周りの人の評価を低くしてくると、

そんなことをしない彼がいい人のように

思えてきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

その人たちをおとしめようと

しているわけではなく、

自分をあげることに必死なために

無意識のうちに

周りの人たちの評判を必死で落としているのです。

そして回りには

自己愛性人格障害のひとはいませんので

その人たちが彼のことを悪くいうことはなく、

むしろ人のいいところばかりを

とらえようとする人たちばかりなので

言われたひとたちは評判や印象が悪くなり、

自己愛性人格障害の彼の評価は

どんどん上がっていきます。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

本当に努力家なので

得意なことを1つや2つ持っています。

 

だから、言われているひとたちは

彼のそんなよいところを評価して

自分たちの評価が

落とされていることも知らずに

自己愛性人格障害のひとを

称賛し続けるのです。

 

彼が恋人の場合も

こういったことが起きていて

気づくと

あなたの評判は落ちていて

彼の評価はどんどん上がっていくのです。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭うようなひとは

そういったことに気づきませんので

ちゃんと周りをよく見て

本当のことを見極める目を身に付けてください。

 

自分の意見に自信がなく、

ひとに決めてもらおうとしたり

ひとに聞くことでしか

行動できないひとが多いのですが

それはあなたが

今までに自己愛性人格障害のひとから

罪悪感を植え付けられてしまっているので

自分の意見に自信がないのです。

 

人の意見を鵜呑みにせず

きちんと自分で判断する判断能力を

身に付けてください。

 

それには自分の目に

自信を持つことです。

 

そして、自分の目でよく見て判断し、

人のいうことが

本当に正しいかどうか

判断してください。

 

そうでないとあなたはどんどん

自己愛性人格障害のひとに惑わされて

本当のことが分からなくなって

しまうのです。

 

そうならないためにも

人の意見を聞いても、

本当にそうかどうかの判断は

自分でするように心がけてください。

 

tiaraは今では

自己愛性人格障害のひとが

人の評判を落としていることに

気づきます。

 

わざわざ言わなくてもいいことを

大声であえてみんなに

聞こえるように言っています。

 

「あ、また席はずしているよ!

散歩かな?」とか

「昨日休むなんて言ってなかったのに

急に休んだよね?

先週もじゃない?」

「あのひと、病んでるよね。

頑張りすぎちゃって、

いい人に限ってそうなんだって。

やだあ~。」

などちょっとふざけていて

ディスりとも取れるような言い方で

いちいち人の揚げ足を取っています。

 

もし、そこにのっかるひとがいたら

悪口の輪はあっという間に

広がってしまうでしょう。

 

しかもちょっと楽しそうに

そういうことばかり話している

女子のグループなどは、

自己愛性人格障害の人のかたまりか

自己愛性人格障害と

取り巻きの塊だと

tiaraは思っています。

 

だからこのディスりに

tiaraは絶対にのっからずに

無言です。

 

あっという間に嫌な雰囲気が

広がることは分かっていますので。

 

代わりに言われたひとと仲良くします。

 

すると、自己愛性人格障害のひとは

だんだんおとなしくなっていきます。

 

おそらく、だんだんと

そういったことは言いづらく

なってくるでしょう。

 

この子はまだ

自己愛性人格障害かどうか

分かりませんが、可能性が高いな、

とだんだん思い始めています。

 

tiaraがのらなければ

周りにいるひとも

感じの悪いことを言っていることに

気づきやすくなりますし、

tiaraがのって

一緒に悪口を言ってしまえば

言われたひとが、本当にそうだと

思われがちになっていくのです。

 

tiaraが見る限り、

言われているひとは

仕事はきちんとやっていますし、

集中しすぎて眠くなってきたり

だるくなってくると

気晴らしに歩きに行っているようで

本当にさぼっているようには見えません。

 

ですが、言い方次第で周りの評判を

落とすことは可能だと

自己愛性人格障害の人を見ていると

気づくのです。

 

だから、tiaraがそばにいれば

そんなことはさせません。

 

自己愛性人格障害のひとも

周りをコントロールすることは

ひとりではできません。

 

似たような価値観のひとが

いるからこそ

成立するのです。

 

このような状態に多くのひとが

気づけるようになり

自己愛性人格障害のひとが

攻撃できなくなるように

あなたも考えてみてください。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください